シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

おしらせ

お仕事殺到につき、『シロクマの屑籠』は夏休み体制に入ります

読者のみなさま、いつもご愛顧いただきありがとうございます。シロクマの屑籠のシロクマです。 タイトルにもあるとおり、今年の『シロクマの屑籠』は3~4カ月程度のお休みを取ることに決めました。もしかしたら、来年もそうかもしれません。なんにしても、…

FC版ウィザードリィ30周年記念誌『ウィザードリィの深淵』に参加させていただきました

去年の暮れ頃、こちらのウェブサイトを主宰しているPinさんという方から、FC版ウィザードリィ30周年記念誌『ウィザードリィの深淵』の「俺とWIZ」コーナーに参加しませんかとお誘いおいただき、短い文章を寄稿いたしました。*1 それにしても、とんでもない同…

読売新聞朝刊「よみうり堂」にて『認められたい』をご紹介いただきました

認められたい作者: 熊代亨出版社/メーカー: ヴィレッジブックス発売日: 2017/02/28メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る 本日、3月19日の読売新聞朝刊にて、拙著『認められたい』をご紹介いただきました。 限られた時間のイン…

全国書店さまにて、『認められたい』フリーペーパーを配布しております

『認められたい』、本日発売です。Amazonではたちまち売り切れてしまい、現在は、購入できない状態となっております(追記:入荷しました!)。つきましては、他のネット通販系か、お近くの本屋さんにアタックしてみてください。 なお、一部の書店さまで、「…

『認められたい』を出版します

このたび私は、承認欲求などをメインテーマとした『認められたい』という本を出版します。 認められたい作者: 熊代亨出版社/メーカー: ヴィレッジブックス発売日: 2017/02/28メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 定価:1575円 単行…

「枠内の個性」とその行方

cybozushiki.cybozu.co.jp リンク先のサイボウズ式さんで、就活についてインタビューを受けました! 「個性」「自分らしさ」は生き残っていた! 今回、若い就活生のなかに「個性」というワードがまだ残っているらしい、ということに改めて感動を覚えた。 自…

「スピリチュアル依存・自己啓発依存とエゴグラムのAC」

エゴグラム診断で判明! 他人に合わせて疲れてしまう人の特徴と対処法 | 恋愛jp いろんな偶然や縁が重なって、いつもと畑の違う「恋愛.jp」のインタビューに登場したりしています。 で、タイトルは上のとおりですが、私が質問されたメインは「スピリチュアル…

さよなら、私のはてなダイアリー。

私は2005年10月17日からはてなダイアリーでブログを書き続けてきました。だからはてなダイアリーには思い入れがありますが、(株)はてなの後発ブログサービス「はてなブログ」が定着し、私自身、こちらで手習いを繰り返すうちに新しいフォーマットに慣れてし…

『シロクマの屑籠』は十周年を迎えました

本日、『シロクマの屑籠』は十周年を迎えました。 十年前の私は、脳内に溜まりに溜まったオタク論やコミュニケーション論を文章として吐き出せる喜びに無我夢中で、ただただブログを書くのが楽しい毎日でした。些細な気づきも、抱えていた妄念も手当たり次第…

ソウル青少年創意サミットに参加してきました

このたび私は、ソウル市・ハジャセンターで開催された第七回ソウル青少年創意サミットに招待いただき、keynote speakerとして参加してきました。 [関連]:ハジャセンターについて 私の著書『ロスジェネ心理学』が翻訳されて韓国では一定の評価を頂いているら…

小学館『Domani』8月号の母娘関係特集にお邪魔してます

Domani(ドマーニ) 2015年 08 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 小学館発売日: 2015/07/01メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見る 『Domani』といえば、全国津々浦々に売られている女性向けファッション誌なわけですが、今回、「母と娘の関係」について…

『「毒親」の子どもたちへ』の書評を担当しました+α

「毒親」の子どもたちへ作者: 斎藤学出版社/メーカー: メタモル出版発売日: 2015/02/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (2件) を見る 先日、斉藤学『「毒親」の子どもたちへ』の書評を担当させて頂きました。全国の新聞に掲載されはじ…

『週刊金曜日』の特集「若者に広がる“新しい宿命観”」に参加しました

特集記事(詳細)|バックナンバー|週刊金曜日公式サイト 1月16日発売の『週刊金曜日』の「若者に広がる“新しい宿命観”」特集に参加させて頂きました。斉藤環さんの責任編集のもと、内藤朝雄さん、土井隆義さんが執筆されている特集に、若輩者かつブロガー…

1月1日の“TOKYO FM タイムライン”に出演します

1月1日(木)●「自分らしさ」の複雑化と「日常コミュニケーション」の抽象化、その先にある世界 | TIME LINE-今日のニュースと考えるヒント - TOKYO FM 80.0MHz お正月1月1日に TOKYO FM タイムラインにお邪魔して、ネットコミュニケーション、とくに文字に…

『融解するオタク・サブカル・ヤンキー ファスト風土適応論』を出版します。

オタク・サブカル・ヤンキーな書籍を花伝社から出版することになりました。 融解するオタク・サブカル・ヤンキー ファスト風土適応論作者: 熊代亨出版社/メーカー: 花伝社発売日: 2014/10/02メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (17件) を…

雑誌『マグナカルタ』に“「子育て」の精神医学”を寄稿しました

マグナカルタ Vol.6 SUMMER 2014作者: マグナカルタ編集部出版社/メーカー: ヴィレッジブックス発売日: 2014/07/19メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る 7月19日発売の『マグナカルタ』“特集・「日本の家族」”に寄稿しました…

5月31日の朝日新聞朝刊『耕論』にお邪魔しました

http://www.asahi.com/articles/DA3S11164981.html テーマは「デジタルの落とし穴」。ネットによる情報収集の比重が大きくなった時に何が起こるのか、社会全体のコミュニケーションに占めるSNSの割合が増大し続けた時に、社会がどのような変化を蒙るのかにつ…

『ここは退屈迎えに来て』 文庫版の解説を担当しました

ここは退屈迎えに来て (幻冬舎文庫)作者: 山内マリコ出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2014/04/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (24件) を見る 4月10日、山内マリコさんの短編小説集 『ここは退屈迎えに来て』 の文庫版が発売されました。この文庫版の…

『AERA』14年3月31日号「捨てる哲学」にコメント掲載しました

朝日新聞出版 最新刊行物:雑誌:AERA もう発売されちゃってますが、最新号のAERAの特集「捨てる哲学」に、私のコメントが掲載されています。正直、そんなに文章量が多いわけじゃないんですが、この「捨てる哲学」特集、なにごとにつけて保持しようとする執…

ライブやコンサートに行く人=「若作りうつ」ではありません

本日午前中、フジテレビ『ノンストップ!』の生放送にお邪魔して、エイジングの遅延に伴うメンタルヘルスの問題について話題提供しました。 初めてのテレビ出演、しかも生放送にしては、落ち着きながら出演できたつもりです。また、年の取り方を度外視したラ…

『「若作りうつ」社会』を出版しました

「若作りうつ」社会 (講談社現代新書)作者: 熊代亨出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/02/19メディア: 新書この商品を含むブログ (16件) を見る お陰様で、シロクマは3つめの単著を出版できました。 ウェブサイト時代からこのかた、私は“現代人の年の取り…

『「いいね」時代の繋がり――Webで心は充たせるか?――』“はじめに”を公開します

AmazonのKindleストアで5月13日にリリースされた電子書籍『「いいね」時代の繋がり――Webで心は充たせるか?――』の冒頭パートを公開します。

『「いいね」時代の繋がり――Webでこころは充たせるか――』を出版しました

「いいね!」時代の自己愛の充たし方について、電子書籍を出版しました。 私はネットコミュニケーションが大好きな精神科医なので、いつも「ネットと心理」の本が読みたいと思っています。ところがインターネット関連書籍のほとんどは、テクノロジー・政治・…

5月8日発売のanan「ドラえもん大研究」でインタビューに答えました

極上癒しものカタログ・贈り物/三浦春馬 - anan No. 1855 | アンアン (anan) マガジンワールド 忙しすぎて発売日当日を逃してしまいましたが、5月8日発売の『anan』(マガジンハウス)のドラえもん特集のインタビューにシロクマ(熊代亨)が出没しています。…

ノンフィクション漫画『毒親育ち』で作品解説を担当しました

毒親育ち作者: 松本耳子出版社/メーカー: 扶桑社発売日: 2013/04/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る このたび、4/18発売のノンフィクション漫画『毒親育ち』(松本耳子先生、扶桑社)にて、作品解説を担当させて頂きました。 『毒親育ち』…

『ロスジェネ心理学』“はじめに”を公開します

首都圏では書店に並び始めているとの事なので、『ロスジェネ心理学』の冒頭パート6ページ(“はじめに”)を公開します。 ※10/25現在、アマゾンでは完売御礼になってしまい、転売屋さんが湧いてしまっていますが、じきに補充される予定です。あるいは大きめの書…

『ロスジェネ心理学――生きづらいこの時代をひも解く』を出版します

シロクマは“私達の世代”を軸にした本を出すことになりました。 ロスジェネ心理学―生きづらいこの時代をひも解く作者: 熊代亨出版社/メーカー: 花伝社発売日: 2012/10メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 197回この商品を含むブログ (25件) を見る 定価:157…

北極ネトラジ05:[非モテvs脱オタの対立を超えて・ネットコミュニティやオタクコミュニティの今までとこれから]質疑応答用ページ

このエントリは、北極ネトラジ05:[緊急対談!非モテvs脱オタの対立を超えて・ネットコミュニティやオタクコミュニティの今までとこれから] のおしらせ - シロクマの屑籠の質疑応答用ブックマークコメントをぶら下げる為のものです。放送そのものはlivedoor…

北極ネトラジ05:[緊急対談!非モテvs脱オタの対立を超えて・ネットコミュニティやオタクコミュニティの今までとこれから] のおしらせ

先日のネトラジの後、改めて私は「今更もう、オタクかどうかは大した問題じゃない」「個人にとって、もっと根本的な問題になるのは、コミュニケーションとコミュニティではないか」と感じました。そこで今回の北極ネトラジでは、非モテ関連の同人誌『奇刊ク…

5/24北極ネトラジの要約

以下に、先日5/24の北極ネトラジ04:[エヴァンゲリオンを通して視る、オタクと萌えとコミュニケーション] のおしらせ - シロクマの屑籠で放送した内容の大筋と、質疑応答の要約を用意しました。放送を振り返りたい方は、以下をご覧ください。