シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

シューティング

シューティングゲームは親から子へ受け継がれた

私はもう三十歳なのでシューターとしては既に老兵。もう上達する余地はあまり無いし、仕事や家庭に押されていつかプレイ出来なくなってしまうかもしれない。だけど、今こんなにシューティングを楽しめていること、良い作品と出会える事を心から嬉しく思う。…

ダライアスバーストCS、簡単攻略メモ

DARIUSBURST CHRONICLE SAVIOURS出版社/メーカー: 角川ゲームス発売日: 2016/01/14メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (6件) を見る うちにもダライアスバーストCSがやって来ました! うおお、ゲーセンとなんも変わらない! ディスプレイ一枚買い足し…

ソーシャルゲームよりゲーセンのほうが「高コスト」問題

(※タイトル変更しました) ドラクエ7雑感:スマホ脳になったことを思い知らされる:村上福之の「ネットとケータイと俺様」:オルタナティブ・ブログ 上記リンク先の記事には、「スマホ脳」になった人が久しぶりにドラゴンクエスト7をやってみた際の「めんど…

シューティングゲームが初心者フレンドリーになっていった歴史

http://medt00lz.s59.xrea.com/wp/archives/1325 上記はシューティングゲームの学習しやすさ・遊びやすさについての記事で、medtoolzさんが『怒首領蜂大復活』をプレイしてみた時の驚きが伝わってくる。けれどもシューティングゲームが初心者フレンドリーに…

親から子へとシューティングゲームの技能が引き継がれた人の話

こないだ、故郷の古いシューター仲間と喋っていて興味をそそる話を聞いた。なんでも、彼が知り合った全国トップスコアの記録を持っているシューターが「二代目」なんだとか。 いわく、彼の父親はシューターだった。『沙羅曼蛇』を二周目クリアできるような腕…

今時、見た目でゲームを選ぶシューターなんていないでしょ。

http://blog.esuteru.com/archives/2618655.html 上記リンク先の記事を読んでいると、なんとも懐かしい、90年代で時計の針が止まったような感覚を覚える。そういえば私も、“硬派なシューター”を自称し「『レイフォース』や『雷電DX』こそがシューティングゲ…

いざ、友の待つ戦場へ。――ダライアスバーストACと“ゲーセンという場”

シューティングゲームサイドVol.1 (GAMESIDE BOOKS)作者: ゲームサイド編集部出版社/メーカー: マイクロマガジン社発売日: 2010/10/17メディア: ペーパーバック購入: 12人 クリック: 108回この商品を含むブログ (20件) を見る 大型専用筐体でリリースされた…

これからのシューティングゲームは脱-弾幕していくか

ダライアスバースト オリジナルサウンドトラックアーティスト: ZUNTATA出版社/メーカー: SMD発売日: 2010/01/20メディア: CD購入: 12人 クリック: 97回この商品を含むブログ (20件) を見る 2010年のアーケードシューティングゲームは、『赤い刀』『ダライア…

本物のダライアスが帰ってきた!――ダライアスバーストAC

ダライアスバースト アナザークロニクル オフィシャルサイト 弾幕シューティングにうんざりしていた人には朗報。 専用筐体の、本物のダライアスが帰って来た! 海棲生物がボスで、横長のゲーム筐体でさえあればダライアスか?否!最高のグラフィック・最高の…

弾幕シューティング=難しい という偏見

赤い刀 CAVEの新作シューティングゲーム『赤い刀』をゲームセンターで見かけるようになった。キャラクターデザインや世界観も魅力的だが、それ以上に「念身(=変身みたいなもの)」というシステムが面白くて使いやすい。念身モードになって堅い戦艦や要塞を敵…

CAVE新作『赤い刀』ロケテストを見てきた

田舎者のシューターにとって、新作シューティングゲームのロケテストなんて滅多にみられるものではない。ところが7/24、CAVEの新作『赤い刀』のロケテストを体験する好運に恵まれた。開店時間を狙ったためか、秋葉原のゲーセン・Hey*1の会場はまだそんなに混…

『デススマイルズII 魔界のメリークリスマス』の感触

デススマイルズ�U魔界のメリークリスマス 『デススマイルズII 魔界のメリークリスマス』を、ようやく遊ぶことが出来た。今回のCAVEは、色々な意味で新機軸を盛り込んだシューティングゲームを繰り出してきたようにみえる。そこらへんについて、ゲーム内容に…

怒首領蜂大復活二周目ワンコインクリア

発売から大分経ったけど、TYPE-Cボムスタイルで、なんとか二周目をクリアした*1。とはいえ、月に4回もゲーセンに行ければ恵まれているほうという、田舎社会人のおっさんシューター的には、これは大戦果といえる。延べのプレイ回数は、50〜60回ぐらいだろう…

『怒首領蜂大復活』の2周目は別料金でも構わないのでは?

シューティングメーカーは、もっと上手にお金を巻き上げるべき - シロクマの屑籠 例えば『怒首領蜂大復活』は、初心者から最上級者までが楽しく遊べる、シューティングゲームとしては非常に優れた“作品”だと思う。しかし、それはプレイヤー側からみての評価…

シューティングメーカーは、もっと上手にお金を巻き上げるべき

STGゲーマーは、現在の「危機的状況」をもっと認識すべきだよ。 : ゲームセンターに明日はあるの? - livedoor Blog リンク先の記事でも指摘されているが、現在のゲーセンのシューティングゲームは、収益モデルが破綻していると思う。初心者への敷居が下がっ…

弾幕とシューティング史----弾幕以前、弾幕以後

シューティングゲーム=弾幕回避?? 最近は、インターネット上に『東方』や『怒首領蜂大復活』の弾幕動画がたくさん公開されていたりするので、シューティングゲームを遊んでいない人でも、弾幕シューティングのことを知っている人が増えていると思う。そう…

怒首領蜂大復活1.5に移行

近所のゲーセンの『怒首領蜂大復活』が、先週、1.5にバージョンアップした。例のスコアカンスト騒動も、これで一応の決着をみた、と考えて良いのだろう。ここ最近のCAVEのシューティングゲームは、バージョンアップが殆ど当たり前になっていて、前バージョン…

怒首領蜂大復活、これからきちんと攻略しなきゃ(前)

怒首領蜂大復活、結構面白い。きちんと習熟しようと思いはじめたら、いろいろ覚えることや慣れることがあって楽しくなってきた。トッププレイヤーの世界では、1-5でスコアがカウンターストップしてしまう問題が騒動になっているようだが、市井のプレイヤーに…

怒首領蜂大復活、一周クリア

怒首領蜂大復活を、無事一周クリアした。大往生(白)の時に比べると遙かに少ないプレイ数で一周を終えたと思う。難しそうにみえて、ゲームシステムを把握して生かせるようになった頃には何とかなるような調整にしてあるのだろうか。この辺り、大往生(白)の難…

シューターの滝登り

熟練したシューターであればあるほど、画面上方のボスが垂れ流す弾幕の滝を、ぐいぐいと登る光景をみかけることが多い。弾の洪水に逆らって画面の上へ上へと這い上がっていくその姿は、さながら鯉の滝登りのようだ。 一般論としては、ボスに接近すれば接近す…

夏だ!バトルだ!!怒首領蜂だ!!!

怒首領蜂大復活 - 株式会社ケイブ - 久しぶりにゲーセンに出掛けてみたら、そこには夏があった。 『怒首領蜂大復活』。 初代の首領蜂からこのかた、蜂シリーズというと夏のゲーセンばかり連想されるのだが、ご多分に漏れず、暑くなってきた季節に颯爽と出て…

他人のプレイ鑑賞は、まず意図・意志を読み込むのが楽しい

少なくともシューティングゲームに関する限り、俺は他のプレイヤーがどれだけ綺麗に弾幕を避けたかや、生き残れたか否かかよりも、どのような意図・意志でもって行動したのか、どのような意図・意志でもってパターンを構築しているのか、をみる。どのみち、…

ボムと後悔

時折、ボムを撃ったことに落胆するシューターを見かけることがあるけれど、ボムを撃ったか否かで後悔すべきか否かを決めるのは、あまり良い振り返り方ではないと思う。ボムを撃つべき状況で撃てたかどうかを後悔の境目とすれば、上達が早まりやすく、無駄ボ…

『怒首領蜂大調教』だしてくださいよー

http://medt00lz.s59.xrea.com/blog/archives/2008/03/post_617.html リンク先のmedtoolzさんは、数日前からtwitter上で「AIを育成し、プレイヤーの代わりにAIが回避するタイプのシューティングゲーム」についてあれこれと書いていたと思う。で、リンク先の…

雷電IV、ようやくクリア

雷電IV一周クリア - シロクマの屑籠 雷電IV攻略続行 - シロクマの屑籠 雷電IV二周目攻略四苦八苦 - シロクマの屑籠 雷電IV、二周目大詰め - シロクマの屑籠 かなり長い時間がかかったが、雷電IVをめでたく二周ALLした。最初の記事を書いたのが6月だから、(途…

私の選ぶベストシューティングゲーム五選

自分が本当に好きなシューティングゲームを五つ選ぶとしたら何を選ぶか?もし、アルファケンタウリ行きの宇宙船に乗るとしたら、どのシューティングゲームを持っていきたいと思うのか?名作と呼ばれるシューティングは数あれど、そのなかからマイベスト五本…

雷電IV、二周目大詰め

雷電IV一周クリア - シロクマの屑籠 雷電IV攻略続行 - シロクマの屑籠 雷電IV二周目攻略四苦八苦 - シロクマの屑籠 雷電IVを始めたのは6月、それから5ヶ月が経った。2-4ボスまで行ったらやめようと思っていたのに、いつの間にやらノウハウも大分蓄積されて2-…

デススマイルズとの遭遇

DEATHSMILES デススマイルズ 雷電IVを継続している最中に、デススマイルズがリリースされた。CAVEの弾幕シューとしては、久しぶりの横スクロールシューティング。折しもコナミはオトメディウスをリリースした所で、横シューファンには嬉しいところ、なのだろ…

雷電IV二周目攻略四苦八苦

雷電IV一周クリア - シロクマの屑籠 雷電IV攻略続行 - シロクマの屑籠 なかなかプレイする機会が無いことを差し引いても、雷電IVに苦しめられている*1。そろそろ二周目に残機を安定供給したいところだが、ノーミスで二周目に突入する頻度があまりにも少なす…

雷電IV攻略続行

雷電IVは難しい。聞くところによれば、2-5をクリアするとエキストラステージ的なステージに突入するようだが、そこまでやりこむには実力も時間も足りない(そして情熱も多分足りない)。果たしてどこまでやれるのか。 雷電シリーズは、暗記を前提として避けさ…