シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

ハルヒ、ようやく四巻まで制圧

【ネタバレ防止のため、深い内容については敢えて書かずに感想のみを。】
 

 本のほうのハルヒを時間をみては読み進めているが、相変わらず面白い。四巻まで来ても、全く輝きを失わないキャラクター達。知人からの偏った情報をもとに、「四巻で長門だけがクローズアップされる可能性」について懸念していたが、蓋を開けてみれば、何のことはない、どのキャラクターも“ちゃんと魅力的だった”。特に、ハルヒが中心軸じゃなくなるんじゃないかという私の懸念は完全に的が外れたっぽい印象。ハルヒの存在感は、四巻において感じずにはいられなかった(消失しても彼女が気になって気になって!)。ハルヒがいてナンボということか。朝比奈さんは以前ほどのインパクトは無いものの、いい役周り。長門や“俺”は言うべきにもあらず。
 

 ハルヒ一巻は、それ単体でも作品扱いするに十分なインパクトを持っていたけれど、この四巻までをワンユニットの作品としてみても(オタ仲間から伝え聞いたとおり)よさげな感じ。一巻だけを単体の作品としてみた時と、四巻までを一つの作品としてみた時との魅力は、ちょっと種類が異なっているが、どちらも十分魅力的だ。一巻は、キャッチーでコンパクトにまとめられていて単巻としても十分楽しめ、四巻までの集まりはそれはそれで一つのしっかりした物語として楽しめる。っていうか四巻において、今まで描写が無いことを歯がゆく思っていた幾つかのピースが提示されて、胸のつかえがとれた&腑に落ちた気分だ(ここで書いてしまいたいけど、今日は伏せておこうっと)。とても満足してしまい、ここで読むのをやめてしまってもそんなものかな、なんて事も考えた。折角綺麗に完成した正四面体に手を加える不安。でも、もう五巻も六巻も買ってある以上、逝くしかない。
 

 それにしても、ボキャブラリーの使い方とか小ネタとかのお陰か、日常描写の場面でも滅多に退屈しない。二巻も三巻も、オタ娯楽として普通に楽しかった。キャラクター、ストーリー、ボキャブラリー、挿し絵、どうやら全てに私は惹かれているっぽい。ラノベでこんな夢のような思いをしたのは銀河英雄伝説*1以来?オタクの娯楽として必要十分なクオリティだと思わずにいられない。ついでに楽しく明るい気分にもなってくるし。ああ、やっぱり五巻を早く読もう。さっさと手をつけてしまおう。ハルヒ達の生活っぷりを楽しみにしよう。
 

*1:銀英伝をラノベと呼ぶべきかは微妙?ラノベ千冊読んでいる仙人はどう思っているのやら。