シロクマの屑籠

p_shirokuma(熊代亨)のブログです。現在、忙しいうえブログは実験モードに移行しています。

2006-06-26から1日間の記事一覧

見知らぬ男や嫌いな男の欲情を、女性は嫌悪する必要があったのでは?

リスクを回避し、利益を最大化させるために - シロクマの屑籠 このテキストとid:Masao_hateさんの文章を読み返してふと思った。現在はともかく、狩猟採集社会における女性達は、「見知らぬ男や嫌いな男からの欲情視線」を嫌悪する必要があったのではないか?…

リスクを回避し、利益を最大化させるために

男性は低コストな精子を造り、女性は精子よりもハイコストな卵子を造る。ハイコストな卵子を持った雌を巡って雄達は競争し、雌は雌で雄を選り好む。*1この違いがなければ、性淘汰にまつわる複雑怪奇な物語は生まれて来なかっただろうし、生物の行動はもっと…

退屈が苦痛なのは何故か?(進化生物学系列)

人間、とりわけ子どもにとって、退屈が苦痛に感じる理由をぼんやり考える。 退屈は本来、生物にとってそう悪いことではない筈だ。特に安全で食物も保証されている時、退屈な状況なら寝ればいい。エネルギー消耗を最小化することが出来るので、これは生物とし…

議論する生物

「議論がしたくてしたくて仕方の無い連中」 「議論さえしていれば満足な連中」 「議論していなければ息が詰まってしまう連中」