シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

「いい加減」の配達

 
 「いい加減にやれるといいですね」
 「肩の力を抜いて、あまり拘らずに出来ればいいのですが」
 
 などと誰かからアドバイスされると、「いい加減」「肩の力を抜いてあまり拘らない」ことを最高の精度でやろうとする人・全力で達成しようとする人が偶にいる。アドバイスを為した側の言うことを全力で履行するべく、「いい加減」「肩の力を抜いてあまり拘らない」ことを強迫的に追い求めてしまう人がいる。こういった人達に「いい加減に」「肩の力を抜いて」というニュアンスを届けるには、ただ一文を呈示しただけでは大抵駄目で、それ相応の工夫が求められるわけだが、そのような人達にこそこういったニュアンスは届け甲斐がある。