シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

ひとでなしX師の記憶

 
 「傷つくのが嫌とか、傷つけるのが嫌とか、デリカシーを装って臆病風に吹かれている連中が足踏みしている間に、俺はあいつを食ってしまおうと頑張ろう。あいつからは搾取してやろうと企もう。あいつを殴りつけて隷属させてようとつっかかろう。食ってやる。搾取してやる。殴ってやる。やばくなったらとんずらしよう。逃げ切れなかったら、まぁ、俺があいつらの餌になるまでのことだ。次からは気をつければいい。次があれば、の話だが。」
 
 「殴って、殴られて、刺して、刺されて、騙して、騙されて、お互いにもっと強くならなければ。」
 
 「連中が気取っている間に、目に砂を投げつけてやれ。そして、勝つんだ。勝つことが目的で、決闘に立会人がいないならば、まず、勝て。勝ってしまってから、良心の呵責という贅沢に溺れればよい」
 
 「常に、食うか食われるかだ。だからウサギが相手でも絶対に手を抜くな。逃げられないように、反撃されないように、獲物は確実にしとめろ。栄養をつけろ。強くなれ。」
 
 「抵抗しない魚は、とにかく食べてしまえ。抵抗する魚は、可能なら食べてしまえ。一緒に漁をする奴とは、仲良くしろ。敵わない鮫からは、逃げてしまえ」
 
 「バレなきゃインチキじゃない。それはマジックと呼ばれるんです。ただし、疑われたマジックは既にインチキですからね。」
 
 「周りにいる友人知人異性をかたっぱしミキサーにかけて、経験値にしてしまうミキサー大帝メソッド←本拠地を全く別の場所に持っておいて、コミュニティ焼き畑農業。やるならネットに疎そうな集団で。」
 
 「良心・倫理性・友情・愛情を最大限に運用しろ。強力な仲間を増やせ。敵を囲い込め。」