読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

短文

恋愛の合理性や期待値を計算すること

男女交際や恋愛に合理性や期待値を計算すること自体はそれほど間違ってはいない。しかし男女交際や恋愛についてのすべての判断を、合理性と期待値の領域に委ねてしまうことは、おそらく致命的に間違っている。

本棚の用途

自分の家の本棚を、世界を覗く為の窓として用いている人もいれば、世界から目を逸らす為の衝立や、世界と断絶するためのバリケードとして用いる人もいる。

“ブロガーには4つのタイプがある”

「将校には4つのタイプがある。 第一に、怠惰で無能なタイプ。これは放っておいても害にはならない。 第二に、勤勉で有能なタイプ。このタイプはどんな細かいことでもきちんと分析する優秀な参謀になる。 第三に、勤勉で無能なタイプ。このタイプがいちばん…

「それがあの子の処世術なのよ」

「言われたことにはおとなしく従う、ふりをして、言葉に出さない空気を読ませて従わせる。それが、あの子の処世術なのよ。」

パンとサーカス

熱心に求めるのは、今や二つだけ:パンとサーカス。 ユウェナリス[風刺詩]

剣>ペン

剣はその瞬間限りにおいてはペンよりも強し。

天下国家メソッド

「文句言う時には常に大上段に構え、 這い蹲る時にも常に大上段に構える。 どんな時も、自分の問題や誰かの問題に焦点を向けず、 あくまで天下国家だけを、全体のシステムを論議する。 もしもこの、天下国家メソッドに終始し続けることが出来るなら、 ある種…

人の為

「人の為」、と書いて「偽り」と読む。

桶狭間という幸運について

桶狭間の戦いに勝利した織田信長は確かに幸運だった。しかし信長は、その幸運に気づき手を伸ばすだけの目と手を持っていた。幸運だけでは桶狭間は起こらなかった。幸運が微笑んだ瞬間に、彼女をまなざし手を伸ばす機転と判断が、信長の幸運を正しく幸運たら…

『フレキシブルな表現型』から

「それが遺伝子のみによって決定されるという意味から、遺伝的に決定されるものなど何もない。遺伝子が表現されるのは、必ず特定の状況下においてという条件つきである。(中略)遺伝子とは特定のタンパク質分子であり、それ以外の意味で遺伝子を語るのは、生…

「おとなしめの女の子」

「あの、おとなしめの女の子って、なんかいいよね」 女の子のおとなしい仕草をみると、あの娘は御しやすいと無意識のうちに信じ込んでしまうような、そういう男の子がいる。

生の有り難さに思いを馳せること

死を目の当たりにする場面から隔絶されたまま生活する者が、生の貴重さや有り難さに思いを馳せることは、多分、かなり難しい。

ふたつの上昇志向

上昇志向とは言っても、「階段はひとつしかない」と目の前の階段に焦点を絞って登ろうとする人もあれば、「要は登れるならどこでも構わないし、階段だろうがエスカレータだろうがエレベータだろうが何でもいい」と思って手近な上昇経路を探すタイプの人もあ…

教養

道徳的に自由である人は政治的にも自由でありうるし、つねにそうである。 地球上のいかなる権力も他人を自由にすることができない。 それをただそうすることができる唯一の力がある。 すなわち教養である。 アーダベルト・シュチフター[晩夏]

尻隠さず

執着の 頭隠して 尻隠さず

関係性は蜜の味。

国家・社会の都合と役人・政治家個人の都合に関して

一般に、国家・社会の都合と役人・政治家個人の都合が別命題として乖離すればするほど、その国や社会の施策は歪みを帯びずにはいられなくなる。とりわけ官僚制の国家ではこの傾向は強調されずにはいられない。

かれらが誠実さを求めるのは...

かれら(一般大衆)が誠実さを求めるのは、かれらが日常生活のなかでは自分自身に対して、また他人に対してほとんど信頼の念をもっていないということの現われである。 リースマン[孤独な群集]

「何が留保の無い生の肯定よ!あたしが全部、留保してあげるわ。」

たばこは一日十本まで! お小遣いは一ヶ月三万円まで! 門限は夜の八時まで! 若い娘とのお喋りは禁止! あたしからの電話は1コール目に必ず取ること!

人口密度と愚か者

百人に一人の選りすぐりの愚か者でさえ、五万人集まったスタジアムには五百人も含まれている。

懺悔偈

我昔所造諸悪業 皆由無始貪瞋痴 従身語意之所生 一切我今皆懺悔 懺悔偈

アヘンを吸うことを癒しと呼んで良いのだろうか。手を洗う真似事を禊ぎと呼んで良いのだろうか。

魚は頭から腐る。 小プリニウスのことば

無知と恋

無知は恋の召使い。

この国に民主主義が定着する筈がない。

この国に民主主義が定着すると、私になかなか信じることができない。歴史を参照する限り、民主主義は然るべき風土、然るべき宗教、然るべき歴史といった苗床が揃ってはじめて芽吹くものの筈なのだが。ヨーロッパや(ヨーロッパによって土着の人間が根絶された…

追記

存在を許されたセンテンスについての一般則 - シロクマの屑籠 よって、肝心要の事物は、ゲームの駒として期待され得る状況においてのみ、期待され得る側面だけを私達に晒すことになる。そしてその肝心要な氷山の一角すら、センテンスの濁流のなかから、コミ…

存在を許されたセンテンスについての一般則

一般に、ゲームの駒として吐き出されなかったセンテンスは存在しない。語り手から生み出される全てのセンテンスは、ゲームに使役される駒として期待され得るものだけが存在を許容され、期待され得ないセンテンスは生まれ出たことなどあった試しが無いし、こ…

本物の蜘蛛の糸は一億ぺリカから

天から金色の蜘蛛の糸が垂れている。ようにみえる。 金色の蜘蛛の糸の周りで、亡者達が奪い合う光景は、阿鼻叫喚の地獄絵図だ。糸を垂らす、ふりをしている人達はほくそえむ。金色の蜘蛛の糸はもちろん釣りの餌で、彼らは亡者達のなけなしのエネルギーを吸い…

そういう女性もあるようだ。

見た目は小悪魔、中身は鴨葱。

一つ、人の世の生き血をすすり 二つ、不埒な悪行三昧 三つ、醜い浮き世の鬼を 退治てくれよう桃太郎 [桃太郎侍]より

「良かったですね」というレトリック

「良かったですね」というレトリックを腑分けしてみると、言われた側を苛立たせる何かが潜んでいることに気づく。上から目線のような、何かが。

猫の子にもわかるように

あいつは馬鹿だ、と表明するだけなら三歳児にだって出来る。しかし、あいつが馬鹿だということを猫の子にも判るように明示するには、意想外の知恵や時間を必要とすることがある。

兵站を知らぬ理想主義者

兵站(ロジスティクス)を知らぬ理想主義者ほど、始末に負えないものはない。彼らの行動は、主義に同調する者にも、そうでない者にも、悲劇をもたらさずにはいられない。兵站を知らぬ理想主義者は、本人以外の全ての人に災いを投げかける。 [留保]:そもそも、…

蔵書と色鉛筆

36色の色鉛筆を持っている人が、12色の色鉛筆を持っている人よりも絵が巧い、とは限らないことは多くの人の知るところだ。ところが、知識を豊富に持っている人・蔵書を豊富に持っている人が、そうでない人に比べて考えをデザインするのが巧い、とは限らない…

スルー力と攻撃的展開

スルー力の行使が最も攻撃的な展開になる、という状況も世の中には存在し得る。

昔、2chでみつけたジョーク

245 :名無しさん@6周年:2005/10/20(木) 21:23:26 ID:--------- 大学に行くと 数学は哲学に、哲学は歴史学に、歴史学は地理学に、地理学は地学に 地学は物理学に、物理学は数学になります

類は友を呼ぶ。 [日本のことわざより]

「公衆の面前でひとり食べている人間」

本を読んでてみつけた趣深かったフレーズを抜粋して保存。 当地(ニューヨーク)では驚くべき数の人々が、ひとりで考え、ひとりで歌い、街頭でひとりで食べ、独り言をいっている。しかしながら彼らは、お互いに一緒になりはしない。それどころか、彼らはお互い…

期待値3.5

男子の睾丸には運命のサイコロがびっしり詰まっている。 サイコロ振らなきゃ男の人生ははじまらない。 生まれて死ぬまで全て伸るか反るか。結果を知るのは神様だけ。 運命賭けて、シャセイtoday. しかし振らないサイコロに意味は無い。 振らないサイコロは“…

努力だ、勉強だ、それが天才だ。 誰よりも、3倍、4倍、5倍勉強する者、それが天才だ。 野口英世のことば

絶望のどん底にいると想像し、泣き言をいって絶望しているのは、自分の成功を妨げ、そのうえ、心の平安を乱すばかりだ。 野口英世のことば

「女は馬鹿な生き物だ」という男達に関して

女を侮るだなんて、狂気の沙汰としか言いようがない。

取り扱い注意

取り扱いの難しい情報は、それを取り扱いきれない人に安易に与えてはならない。取り扱うに十分な素養なり立場なりを持った人にしか開陳してはならない。この基本を忘れた愚か者は、情報の災禍にたちまち出くわすことになるだろう。

ナマクラ策士の騙しあい

「相手を巧く踊らせた」と確信している状況というのは、まだまだ危ない。もしかしたら「相手を巧く踊らせた」と思い込ませる策に、こちらが乗せられている可能性が多分に否定できないからだ。これに対して、「『相手を巧く踊らせた』と思い込ませるように、…

君は今、ベタにメタを選んだんじゃないのかい?

「君が今“メタに逃げた”という行為が…ああ、逃げたという語彙が嫌いなら“メタを選んだ”と言い直しておこうか。その、“メタを選んだ”という行為が、それはそれでベタベタしているって事ぐらいは勿論わかっているんだよね?君。」

既存の秩序や体制に楯突く者について

既存の秩序や体制に含まれる問題点や抑圧を憂う改革者は、既存の秩序や体制に敢然と挑むことになる。だが注意しなければならないのは、既存の秩序や体制に楯突く者が皆、問題点や抑圧に挑む改革者というわけではない、ということである。混沌をただ望む者や…

老いたるも 若きも死ぬる 習いぞと 知り顔にして 知らぬ身ぞ憂き 英俊[多聞院日記]

利害は、あらゆる種類の美徳、悪徳を総動員する。 ラ・ロシュフコー箴言集より

仰げば尊し

仰げば 尊し 我が師の恩 教の庭にも はや幾年 思えば いと疾し この年月 今こそ 別れめ いざさらば [仰げば尊し 1番を抜粋]

「選択からの逃避」の無い世界

何かを選ぶということは、そのとき同時に何かを選ばないということに通じ、 何かを行うということは、そのとき同時に何かを行わないということに通ずる。 この、陳腐で当たり前の事実は、行動上の選択肢が少ない時にはあまり意識しなくて済んだかもしれない…