シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

最近、“黒歴史”を鑑賞するのをためらうようになった

 
 かつて、インターネットには黒歴史がたくさん転がっていると言われていた。今でも、そうだといえばそうだ。なにしろ昔よりずっと多くの人がインターネットにアクセスし、文章や写真や動画をアップロードしているのだから。
 
 ブログのトップページに無防備な笑顔の自画像を貼りつけたまま、後で絶対に悔むような文章をアップロードする若者アカウント。実名丸出し、個人情報丸出しのまま、ひんしゅくを買いそうなことをアップロードする中高年のアカウント。そういった存在は探せばまだまだ見つけられる。
 
 だが、SNSやスマホが普及して以来、ずいぶん長い年月が経った。結果、パパもママも、子どももお年寄りも、インターネットにアクセスするほとんどの人がインターネットリテラシーに触れる機会を得ているはずだし、知人同士で意見交換する機会も増えているはずである。2016年にネットで黒歴史を垂れ流している人をまなざす際には、このことを念頭に入れておかなければならない。
 
 今、インターネットで黒歴史を垂れ流しにする人・危ういものを公然と晒している人とは、インターネットに対する用心やリテラシーがひととおり社会に普及したはずなのに、それでもなお“やらかしてしまっている”人なんであって、「誰も彼もがインターネット初心者で」「SNSの使い方がまだまだわかっていなかった」2010年頃とは状況が異なっている。2016年に公然と黒歴史を垂れ流すアカウントの背景には、リテラシーが不足するなんらかの事情や、判断力に問題が生じてしまうなんらかの事情が、かなりの高い確率であるのではないだろうか。
 
 他方で、「黒歴史の演技」とでも言うべきネタアカウントをしばしば見かけるようになった。アカウントの“なかのひと”を丸出しにするのでなく、他人にみられるためのキャラクターを作りこみ、鮮やかすぎる黒歴史のようなものをアップロードする人達。そうした、疑似黒歴史製造装置の内実は、最も用心深いアカウントから最も捨て鉢なアカウントまでさまざまだが、いずれにせよ、“なかのひと”の反映よりもキャラクターとしての外観に拘ったそれらは、わざとらしすぎて、黒歴史としての鑑賞には適さない。
 
 そんなこんなで、黒歴史収集が大好きだった私も、最近はそれらの鑑賞をためらうようになった。今、黒歴史(または、黒歴史らしき演技)を吐き出しているアカウントの多くは、人工甘味料がどぎついアカウントか、さもなくば、未熟なリンゴや干してない渋柿のようなアカウントだ。いくら“活きの良い天然モノ”だからといって、なんでもかんでも丸かじりでエンジョイしてしまうと、精神の歯車がおかしくなってしてしまいそうだ。恐ろしい恐ろしい。
 
 これからのインターネットにおいて、鑑賞するに値する黒歴史とはどのようなものだろうか。ピュアな気持ちに溢れ、それでいて危う過ぎず、演技的過ぎない、宝石箱にしまっておきたくなるような黒歴史を紡げるアカウントとはどういうものだろうか。黒歴史を愛してやまない同志諸君、あなたがたは、どんな風に考えておいでか。