読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

学力だけじゃない、体力もカネで買う時代

汎適

 
 最近、建設業の人手不足の話を耳にする。帝国データバンクの2014年調査によれば(参照:pdfファイル)、建設業者の59.7%が正社員不足に陥っているという。飲食業や情報サービス部門でも人手不足が目立つ。
 
 その一方で、「正社員になりたくてもなれない」という嘆きの声も聞こえてくる。建設業やサービス業で正社員が足りないなら、正社員になりたくて仕方の無い若者をリクルートしてくれば良いのではないか――そういう年配者の声を聞いたこともある。一昔前まで、建設作業員が土方(どかた:差別用語)と呼ばれて社会問題になっていたぐらいだから、肉体労働なら誰にでもできると見做しているのかもしれない。
  
 だが、そういう見方は時代錯誤も甚だしい。建設業の高度化が進んだというのもあるが、そもそも、持続的に身体を動かせる若者は今どれぐらい存在しているのか?持続的に身体を動かす能力は、若者の大半が持っているものではなくなったし、もちろん自然に身に付くものでもなくなった。体力、タフネス、根性といったものは、今では親が意図して子どもに与えなければ――それも、カネを払って身に付けさせなければ!――身につきにくいものになってしまった。つまり、学力だけでなく体力までもが、カネで買わなければならないものになってしまったわけで、そういう意味では、肉体労働に適した人材が不足するのは自然なことだ。そのあたりの経緯について、以下に書き記してみる。
 
 

昔、体力関連の教育資本は無料だった

 
 私が育った昭和五十年代の地域社会では、子どもは体力や持久力を無料で手に入れることが出来た。
 
 なぜなら、子どもは街じゅうを遊び場として、毎日のように外遊びをしていたからだ。鬼ごっこ、草野球、ケードロ、木登り。種類は様々にせよ、身体を酷使する遊びには事欠かなかった。塾や稽古事もそれほど苛烈ではなかったので、放課後、遊び仲間を見つけるのも容易かった。裏山や沼沢地や雑木林は、幾ばくかのリスクを含んではいても、身体を酷使するには最適の場所だった。今にして思えば、そうやって毎日のように体力とコミュニケーションのトレーニングを繰り返していたわけだ。カネは殆どかからなかった。
 
 当時は、よほど本ばかり読んでいる子どもでもない限り、体力や持久力は外で遊んでさえいれば勝手に身に付くものだった。そういう意味では、「勉強しない子どもは身体を使う仕事に就け」という言葉はあながち間違いでもなかった。座学をやらず外で遊んでばかりの子は、放っておいても丈夫になって、身体能力を高めていったからだ。
 
 無料だったのは体力だけではなかった。
  
 親以外の大人や年長者から学ぶことも多かった。釣りの仕方や種々の遊び、地域行事、風習、礼儀作法。そういったベーシックな生活技能も無料で教わった。地域の子どもとして毎日を過ごしていれば、そうした機会には自ずと恵まれた。勉強をしない子どもでも、地域で暮らしていくための基礎技能は勝手に授けられたし、体力もしっかりしていたから、地元の建設業や工場に務めるには困らなかった。不良になった者でさえ、いつの間にか地元の企業に収まっていられたのも、そういった「無料で身に付けられる技能」のおかげだったのだと思う。
 
 

カネのない家の子どもは学力も体力も身につかない

 
 ところが、現在はそうではない。
 
 街じゅうを遊び場にする子どもの姿なんて、今はどこにも見かけない。毎日の放課後が体力トレーニングの場として機能したのは、せいぜい、平成のはじめ頃ぐらいまでだ。子どもが体力をつけようと思ったら、大人に指定された場所で、指定された事をやって体力をつけなければならなくなった。本格的にやるなら、カネを払ってスポーツクラブに通うまでだ。子どもの体力向上を願うなら、ほったらかしにしておくわけにはいかない。体力を酷使するような外遊びは、今では難しいものになってしまった。
 
 そのうえ地域社会が希薄になり、生活の場が郊外や高層マンションに移ったため、文化資本や社会関係資本を地域の年長者から授けてもらえる確率も下がってしまった。そうした可能性が皆無というわけではないが、昔ほどの接点が無い以上、もはや多くは期待できない。
 
 おおざっぱに言うと、現代の子どもは、親が意図して授けないものは何も授からないし、何も身につかない*1。だから、余裕の無い家の子ども、親が子育てに注意を向けられない家庭の子どもは、「何も身につかない、何もできない大人」になってしまいやすい。学力だけでなく、体力をはじめとする多くのものが親自身によって賄われなければならなくなった。
 
 

たとえ上昇志向でなくても教育にカネのかかる時代

 
 一般に、「教育にカネがかかる」と言うと、塾通いや稽古事といった、上昇志向な教育費用を連想する人が多いかもしれない。だが、現実はもっと厳しい。生きていくための技能、基礎的な体力や持続力を身に付けるためにも、いちいちリソースを子どもに差し向けなければならないのだ。ほったらかしでも子どもがバイタリティや生活技能を身に付けてくれる時代は過去のものになったのだから。
 
 少子化の一因として、子育てにかかる費用が増大した、という言説を耳にする。確かにその通り。だが、なぜ子育てにかかる費用が増大したのか?「皆が高学歴志向になったから」というのは多分、半分当たっていても半分間違っていると思う。今まで無料でアクセスできていた教育資源、地域生活で勝手に身についていた文化資本や社会関係資本が消失してしまったのも、子育て費用の増大として無視できないのではないか。そして、そのようなベーシックな生活技能の“有料化”は、家庭事情の厳しい子どもにとってこそ致命的だったのではないか。
 
 実際、最近の精神科臨床の現場では、こんなケースによく出会う――親が子どもに教育資源を投下しきれない状態が続き、さりとて他の誰かが何かを授けてくれるわけでもない生育環境で育った、体力も、生活技能も、学力も、コミュニケーション能力も、軒並み身についていない思春期青年期の症例だ。
 
 これを「発達障害」と呼んでしまって構わないのかは議論の余地があるだろうが、別段、AD/HDや自閉症スペクトラム障害の兆候が色濃いわけでなく、精神発達遅滞に該当するわけでもなく*2、特別な精神疾患の兆候がみられるでもない。とにかくまっさらに「何もできない、何も身についていない」のが特徴*3だ。既存の病名にはいかにも当てはまりにくいが、社会適応は間違いなく困難になっている。
 
 彼/彼女らを観ていると、たとえ上昇志向でなくとも、親が教育にリソースを割かなければとんでもない事になり得るというのがよくわかる。親がきちんとリソースを投下しなければ何も身に付かない時代がやってきたのだ。
 
 だから「余裕のある家庭の子どもは学力自慢、余裕の無い家の子どもは体力自慢」という図式はとっくの昔に時代遅れになっている。本当に余裕があって親の目配りも利く家庭の子どもは、なんだって身に付けられるし、本当に余裕が無くて親の目配りの利かない家庭の子どもは、なんだって身に付けられない。あまりにも多くの要素が親のカネとリソース次第になってしまったこの状況もまた、いわゆる格差社会の成立要因の一つなのだろう。
 
 ※このあたりの事情については、「若作りうつ」社会 (講談社現代新書)の第四章と第五章に詳しくまとめました。興味のある方は、そちらをどうぞ。
 

*1:正反対に言うと、親が意図して授けさえすれば、子どもは何でも身に付けるし、何でも出来るようになる。なにもかも親が子どもに授けなければならない社会と、子育てを自由にデザインできる社会は、同じ現象の光と影を観ているようなものだ

*2:境界知能に該当することは多いが、境界知能では障碍年金の対象にならない

*3:なら遊びなら知っているかというと、リソースが投下されていなかったがために、遊びの面ですら、他の若者に比べて知識や経験が乏しい。遊びもまた、文化資本なのだというのをまざまざと見せつけられる。もちろん、アウトローな領域で生きていくための技能なんてものも身に付けていない