シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

「あなたは淫乱ですか?」というソナー

 
 強迫的な禁欲の表明こそが、しばしば淫蕩の最も雄弁な証明になる。
 
 人間は投影・抑圧・反動形成その他色々の防衛機制を機能させることで、淫蕩に対して幾らでも施錠を施すことが出来るし、施錠が厳重であればあるほど、意識下から淫蕩を遠ざける*1ことが出来るだろう。程度の差こそあれ、誰もが欲望に対する施錠を行っている事からも察せられる通り、この手の防衛は心的適応にとって必要なものと言うことも出来る。
 
 とはいえ、淫蕩を意識から遠ざける為の施錠があまりにも強固な人の場合*2、当人には淫蕩は全く意識されない一方で、あまりにも露骨なそれら鉄条網や南京錠は第三者の目に丸見えとなってしまう。防衛機制は、多くの場合、強迫的で徹底したものになればなるほど当人には気付きにくく第三者には気付きやすくなってしまうし、淫蕩に対する防衛もおそらく例外ではない。
 
 例えば「あなたは淫乱ですか?」と問うた時、大抵の人はNoと答えるのは間違いない。だが、このNoと言う時の手応えに着目してみると、何かが判るかもしれない。さあ、被質問者はどのようなNoを呈示するだろうか?ちょっと顔をひきつらせながらNoと言うだろうか?躍起になって否定するだろうか?或いは、隣の人への質問なのにわざわざ割り込んできて「私は違いますよ!私を疑っているんですか?!」と怒鳴り込んで来る困った人だろうか?被質問者がNoと答えたことそのものは、大した情報をもたらさないが、被質問者がどのようにNoと答えたかには沢山の情報が隠れている、と私は読む。被質問者がNoと答えるか否かなんて半ばどうでもいい。それよりも、被質問者がどんな風にNoと答えるのか、またはどんな風にYesと答えるかを通して、防衛の強弱の手応えを確かめるってもんだろう。必死な態度か否か、関係の無いことまで答えてないか否か、反応速度は早いのか遅いのか、いつの間にか文脈を逸らせていないかetc…。
 
 その人が実際に淫蕩かどうかは誰にも判らないわけだけれど、金庫に入った淫蕩を取り囲む鉄条網や錠前の存在ならば、外部の人間なら気付き得るかもしれない、というわけである。見つかるのは南京錠だろうか?鉄条網だろうか?地雷原だろうか?時には、空金庫を囮の鉄条網で取り囲んでみせるほどの策士に瞞されることすらあるかもしれない。防衛機制と、その背後に隠された各種欲望を巡る探り合いには果てが無い。無論、私自身も周囲の人からそのような探知に日々晒されている*3。「ちなみに僕は淫乱ではありません」。
 
 ところで、「あなたは淫乱ですか?」
 
 

*1:=防衛する

*2:あるいは、淫蕩を意識下に置くことが当人の心的適応にとって重大な脅威・不安・絶望への直面に繋がる人の場合、と言い換えることが出来るかもしれない

*3:そういえば夏頃には、fromdusktildawnさんにぐさりとやられた事があった。この手の防衛探知は、専門家だけの専門技術ではあり得ない。多かれ少なかれ人間は本能的に他人の防衛機制を探知する素養を持っているんじゃないかと疑っている