シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

二階席から空き缶を投げてクマの顔面に命中させる楽しみ。

 
2006-07-23 - REVの日記 @はてな 
 ようやくお返事が出来た事をうれしく思っています。REVさんにお伝えするのも筋違いのような気もしますが、気兼ねなく(というか無遠慮に)書けるお相手となるとやはりあなたが最もお返事しやすいので。
 

この、エントリーとその反応は、リングで殴りあうようなものではありません。
二階席からリングに向かって空き缶を投げ込んでいるようなものです。

 
 ええ、仰りたいことはわかっている、ような気がします。市民さん達の(あるいは、しばしば、私の)オタクの心的傾向を前提とした諸議論をやっつけるには、二階席からリングに座布団や空き缶やリンゴの芯を投げこんでも仕方ないし、野次っても仕方ない。やっぱりリングに登って肉弾戦をやるしかないはずで。肉弾戦は楽しかろうという見込みのある人や、肉弾戦で殲滅が可能だという計算が成立している人じゃないと、まぁ、やらないでしょうね。おそらく、市民さんは(あるいは、しばしば、私は)オタクの心的傾向に関して肉弾戦を仕掛けてくる相手を一日千秋の思いで待っているでしょうけれども、そういうのはあんまりないですね。個人的には、1980年以降に生まれた新世代のオタ達からは有効な反論がいつか来るんじゃないかと期待はしていますけれども。
 
 一方で、二階席からリングに座布団や空き缶やリンゴの芯を投げつける行為、及びその空き缶の投擲放物線の美しさに陶酔する行為が無意味なものかというと、決してそうではないと思うので、どんどん空き缶を投げたり声を嗄らして野次ったりするのが良いでしょう。罵声をあげるだけだってかまわないでしょうし。みんな、やりたいようにやればいいんじゃないでしょうか。その各選択肢には、その選択肢ごとの意義なり何なりが秘められているでしょうから。空き缶の投擲放物線を観察しているうちに全く異なる方面の議論が発生してくるかもしれませんし、罵声を浴びせる観客席を見上げるレスラーの表情から、優越感ゲームなり何なりを抽出することも出来るかもしれませんし。第一、市民さん達と(あるいは、しばしば、私と)真正面から肉弾戦をしなければならない義理なんて誰にもありませんしね。