シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

それが、人に身銭を切らせる時の貴方の作法なんですか?

 
 
2008-03-04 - reponの日記 ないわ〜 404 NotFound(暫定)
 リンク先のタイトルは“質問”となっているが、どうあれ、reponさんという人はdankogaiさんに身銭を切れと言っているわけだ。しかし、その際のモノの言い方があまりにも無神経で、ぎょっとせずにいられなかった。
 
 dankogaiさんが、「君の年収分を賭けても良い」*1などと書いた以上、その言質を確かめるという意味でも、金銭(または、もっと大切な何か)を拠出するようにモノ申すというのは、別に悪いことではないと思う。また、後半パラグラフの、職場環境に関する独白についても、とやかく言う筋ではない。
 
 しかし、幾ら相手が「君の年収分を賭けても良い」と言ったとはいえ、人に身銭を切らせる際に、この作法はどうなんだろう?浮かれるのは分かるし、自分のエントリを支持してくれた人にフィードバックをというのも分かる。分かるんだけど、まるっきし「言質をとったから金をくれ」じゃないですか。いや、これがまだ、1000円程度の贈与だというなら問題ないかもしれません。ですが、ここでやりとりの対象になっているのは、なんと驚くべきことに、reponさんの年収分だというじゃありませんか。年収分って言ったら安い金額じゃない。安くても百万以上の額でしょう。いくら言質をとったとはいえ、赤の他人に身銭を切れというにあたって、これは無いんじゃないですかね。
 

これマジですか?ホントにくれるんですか?なら納税証明書を送るので、はてなポイントでください。僕のこのエントリ「敗残兵から一言」にコメントしてくれた人、ブックマークしてくれた人、トラックバックを送ってくれた人全員に分配します*1。2回もエントリを書いてくれたid:kagamiさんには2倍送ります。その資金でソフトや本を買ってレビューしてもらいたいので。kagamiさんなら、danさんが絶対に読まないような本やゲームについてレビューしていただけるでしょう。「シゴフミ」も「狼と香辛料」もkagamiさんから教えてもらったから、レビューを期待です♪戦友のid:sync_syncさんには10倍送ります。当然です。

 
 相手がアルファブロガーだからとか、金を持っていそうだとか、そういうのは関係ない。月給年収分の身銭を拠出し、テーブルの上に置けとモノ申す瞬間に、なんですかこれは。 ♪とか、僕にはにわか信じられず、このエントリを見た時暫く呆然としてしまいました。有頂天にでもなっているんですか。dankogaiさんが男に二言は無いとばかり、はてなポイントだかウェブマネーだかを送りつけるとしましょう、しかしこの文章を読んだdankogaiさんは、どんな気持ちで送りつけるでしょうか。「俺はこんな人に身銭を送るのか」と思うんじゃないでしょうか。dankogaiさんが善意で啖呵を切ったんだとしても、送付先の相手が「赤の他人が月給分の身銭を切る」という事に対して、ここまで想像力が働かないことに驚き、「ああ、自分が身銭を切っても、この人はさも当然のように思ったりおかしがったりするんだろうな」と落胆するのではないでしょうか。
 
 まぁ、「dankogaiの気持ちなんざどうでも良いんだ」と仰るかもしれないので、dankogaiさん自身の心情は置いとくとしても、外からまなざしている第三者も存在するわけです。で、このエントリの文章だけをみると、後半部分から分かるとおり、reponさんは己の苦しみや己の心境には雄弁な想像力が働く一方で、この場合身銭を切らされる側のdankogaiさんの思いや心境には全く想像力をアプローチさせていないかのように見えてしまうわけです*2。己の苦しい心境については、恐ろしいほど鋭敏かつ精緻な言及が可能な一方で、赤の他人に身銭をウン万きる他人、に対しては何の想像力も働かないという、この想像力のダブルスタンダードに首を傾げる人もいるんじゃないでしょうか。少なくとも僕は首を傾げました。はてなブックマークには、「勇気」「誠実」「敬意」「これはえらい」などという大層なコメントが並んでいるようですが、自分の苦しみを吐露する勇気や誠実さとやらはお持ちでも、他人が身銭を切る時の心情に接近する勇気や誠実さが欠落しているかのように見えてしまいます。幾ら自分の心境や心情を吐き出すことが出来ても、身銭を切る相手の心情に対してここまで無神経な文章を放り投げてしまえる人を、僕なら誠実だとは思わないし、敬意の対象にする気が起こらない。そして、若干下品にもみえます。
 

 赤の他人に、大した対価も無く百万以上の身銭を切れと言っている時には、もっと違った物言いがあってもいいんじゃないかと僕は思います。何も、這い蹲って慈悲を乞うべきだと言うつもりはありません。対等な物言いで構わないとは思います。ですが、要求している金額から言っても、もうちょっと言葉を選んで語り掛けるのが筋なんじゃないですか?礼儀作法なんじゃないですか?reponさんは真面目に何年も勤務していらっしゃったといいます。社会人としてそれだけのご経験があるなら、「赤の他人が赤の他人に、少ない対価で百万以上の身銭を切る」ということがどういう事なのかについて、一定の想像力が働くものだと僕は期待しています*3
 
 ♪マークなんかつけてる場合じゃないと思いますし、まるで戦果を山分けするかのような皮算用に現を抜かしている場合でもないと思うんです。それではあまりに(今回、身銭を切ることになるであろう)dankogaiさんに対して礼節なり手続きなりを欠いていやしませんか。もしも僕がreponさんの立場でdankogaiさんに身銭を切れと言うなら、もっと言葉を選んで、出来る限りdankogaiさんの心情や第三者の目線というものも意識しながらモノ申すと思います。双方のやりとりの経緯がどうであれ、一人の社会人が、赤の他人にそれなりの金額の身銭を切れとモノ申す時には、それなりの作法というものがあると思います。心情を吐露するようなエントリでは、他人の心情など想像せずに、自分の心情を書き綴ればそれでOKというものです。ですが、他人に対して身銭を切れと言うような“コミュニケーション”の場面では、身銭を切る側の心情・身銭を賭けても良いと言った側の心情をも想像しながらモノを申さなければ*4、実るモノも実らないのではないでしょうか。
 

ついでに、あのエントリに絶賛的ブックマークをつけている人達の興味深さについて。

 
 はてなブックマーク - 召還していないのにマッチョマンから応答が届いたので、せっかくだから質問します - reponの日記
 ついでに、このはてなブックマークコメントを見て思ったことを。今回のはてなブックマーカー達のコメントが「赤の他人にそれなりの金額の身銭を切る」という意味に恐ろしく鈍感であることに、正直かなりギョッとしました。reponさんの心情には想像力が働いても、赤の他人の社会人同士が身銭のやりとりをするという事に、ろくに感覚が働いていないということなのでしょうか。社会人として、他人に身銭を切らせるという意味に想像力を働かせる人の割合がここまで少ないことには、少なからず興味を感じました。もう少し、バランスのとれたブックマーク風景になるかと思っていましたが、どうやら僕の想像の範疇外だったようです。
 
 

*1:勿論この台詞のうちに、dankogaiさんのどのような心情が隠れているのかを解剖してみるのも楽しいですが、本エントリの主旨からは外れるので、控えておきます。

*2:実際には、多分そうじゃないんでしょうけれども

*3:万が一、そんな想像力すらない状態で就労を続けている、というのなら、それは凄く大変なことだと思いますが、よもやそのようなことはないでしょうね。

*4:または、想像しながらモノを申しているかのように振舞わなければ