シロクマの屑籠

はてな村から引っ越してきた精神科医シロクマ(熊代亨)のブログです。

謹賀新年

 新年明けましておめでとうございます。
 今年も宜しくお願い申し上げます。
 
 私シロクマにとって、2007年は色んな意味で「勝負してみる」年になります。2005年と2006年は今年の博打のための用意の二年間だったと考え、そのように行動して参りました。上手くいくかは現時点では全くわかりませんが、今年は全身全霊の力こめてサイコロを振っていかないとなりません。賽の目が悪かったとしても、ここで手を抜いては私は正しく失敗することも出来ないと思うので、能力の限りを尽くさなければなりません。転ぶときも討ち死にするときも、常に前のめりで戦闘していきたいと考えています。
 
【今年の主要作戦】
 プランA:共和制移行計画

 「ライフスタイルオンライン」における封建制を終了し、共和制へ移行する。共和制への移行自体はもう時間の問題だが、どのような共和制になるのか・それが長期間安定したものになるのか、が問われる。これに手を抜いちゃうと、長期の私の適応にとって重大なアキレス腱となる可能性が高い。しかし、現地点で共和制に移行すること自体は、私の凡人度などを考えれば(不幸回避期待値的には)妥当な選択だろう。最善を尽くすしかない。
 
 プランB:ガルミッシュ要塞試作計画
 「いんちきスペースオペラオンライン」において、これまでシロクマ造兵廠は沢山の小型戦闘機や艦艇を建造してきたし、それらの建造には一定のノウハウ蓄積があった、と思う。しかしこれらは機動力には富んでいるにしても、持続的に一つのフロントラインを支え続けたり、遠方に侵攻する拠点となり得るものではなかった。個々の戦闘場面に小型戦闘機や艦艇を投入することは今のままでも十分可能だが、駐留すべき拠点や司令部が無いので、散漫・各個撃破可能・非系統的な行動に終始しなければならなかった。小型戦闘機や艦隊の母港となり、それ自体もある程度の戦闘能力を有し、管制能力を持つ要塞拠点を用意しておこう。要塞拠点が完成した暁には、現在侵攻を見合わせている諸地域へと遠征することが可能になるだろうし、他国の艦艇や戦闘機を迎撃する際の防衛拠点としても活用できるだろう。要塞の試作も、今年のもう一つの重要な計画。