シロクマの屑籠

はてな村から引っ越してきた精神科医シロクマ(熊代亨)のブログです。

幼女エグゼリカの蹂躙

 

http://www.warashi.co.jp/exelica/
 
 童が久しぶりにシューティングゲームを出した。このメーカーは、紫炎龍をはじめ、昔から「第一線級とは言えないにしても、絶対に他のメーカーじゃ作れないテイストの奇妙なシューティングをつくる」会社だったが、ご多分に漏れず、今回のエグゼリカも、特有の味わいを持ったシューティングゲームだった。
 

  • キャプチャーシステム→ぶん回し攻撃

 やっぱキモはこれだろう。ただレバーをぐるぐる回転させればいいというものではなく、自機と獲物の位置関係によって、例えば右レバー入力が回転加速にも回転鈍化にもなる。だが、マスターしてくると素早く猛烈な速度で敵を投擲出来るようになる。ぶん回し攻撃は攻撃と防御を兼ねるので、これがある程度出来るか出来ないかで全てが変わる。とりあえずぶん回しが自在にこなせるようになった頃にはクリア出来るぐらいの難易度設定なので、シューティング初心者の入門向けといえそうだ。ただし、このぶん回し攻撃でスコア稼ぎを考え始めると…吐き気がしそうだ。
 
 おっさんシューター的には、「キャプチャー」「ぶん回し」というシステムを盛り込んだシューティングは凄く懐かしい感じを受ける。どちらも、数年来出会ってなかった要素だ。こういう冒険的な要素を敢えて盛り込んできてくれた事を深く感謝。
 

  • ボス戦のテンポと難易度可変設定

 最近の多くの縦シュー同様、このゲームのボスは数段階に分かれて攻撃してくるが、一段階あたりの戦闘時間が非常に短い。ぶん回し攻撃が決まれば、2秒ほどで終了する場面も多い。しかも、稼いだ量やぶん回しで速攻を決めたかどうかでボスの攻撃段階が増えたり減ったりする所がいい。初心者には先まで遊ばせる、上級者には厳しい攻撃と多彩な攻撃を提供するという親切心。特にシャア(仮称:敵のトリガーハート)は面数の平均難易度を大幅に上回る攻撃をしてくるので、これを攻略するのは少々てこづりそうだ。三面シャア第二段階はかなりきつめ。真面目に攻略しないとミスが絶えないか。対して、ラスボスが極めて弱く、実際は4面が最も難しいので、4面を攻略してしまえばすぐにクリア出来てしまう。式神の城3やエスプガルーダ2に比べれば、難易度の敷居はかなり低い。というわけで一日で蹂躙できましたとさ。

 

  • 脱衣シューティングと言っても良いぐらいの恥ずかしさ

 このゲームは、厳密には脱衣シューティングではない。けれど、面クリアごとに操作キャラ(エグゼリカ、クルエルティア)の見せつけるような画像がババーンと強制的に出るのはいただけない。いや、いただける人はごちそうさまなんでしょうけど。
 
 プレイヤーキャラは二人とも、スクール水着を身につけた貧乳幼女(が装甲を身につけている)。彼女達が、何ともあられもない姿でプレイヤーの前でポーズをとるのはかなり恥ずかしい。「おいおいくいこんでるよ」「それ、ハアハアするところですか?」って感じのグラフィック、特に股が丸見えのアングルははっきり言ってかなり犯罪的だ。実際、普段シューティングをやっていないのが明らかな「いかにもな一見さん」が何人もプレイしているのが印象的だった。なかには私のプレイをただ眺めている人も。彼らの目を走査してみる――うはww欲情確認www――瞳孔が散大している。あーゆー視線を秋葉原なりゲーセンなりで(隠しもせず)投げかけているのをもし女の子がみたら、間違いなく「キモい」ってなるだろう。っていうかプレイしている自分がキモがられますよねそうですよね。
 

  • そんなこんなで

 比較的低めながらも可変性を持たせた難易度、独特のキャプチャーシステム、キャラクターの魅力(?)によってたつエグゼリカ。難易度至上主義者には明らかに簡単過ぎるゲームだが、シューティング入門者にはうってつけのゲームと言えるかもしれない。当たり判定や操作性もまずまず快適で、ぶん回しシステムさえ何とかなれば爽快感も十分だ。CAVEの一線級ゲームに比べるとなにぶん弾幕が粗い気がしなくもないが、次第点だとは思う。幼女が好きな方、ちょっと刺激のあるゲームシステムを待っていた方、シューティングをこれから上手になりたい方は、是非プレイしてみてください。