シロクマの屑籠

はてな村から引っ越してきた精神科医シロクマ(熊代亨)のブログです。

オタク各分野への探査機飛ばし

 
 私は執着の強いオタクなので、色んなオタク趣味分野の系統や状況について理解したり感情を動かされたりすることを大きなよろこびとしている。先日、知人のネトラジを聴いて「涼宮ハルヒは不可避」との印象を強く受けた。私が角川スニーカー文庫を読んでいたのは既に十数年昔の話になるが、果たして、今のラノベオタ達はどんなものを読んでいるのか?そして、私自身が知っているオタク的文脈や、オタ作品鑑賞履歴と照らし合わせた時、どんな相似と相違があるのか?これは知らなければならないと思わされた。早速一巻と二巻を購入。一巻を読み進む。うん、これはかなり凄いかもしれない。ラノベにはラノベなりの優劣・巧拙があると思うし、オタク界隈にはオタク界隈なりの味わいや作法があると思うんだけど、そういうのをカッチリキッチリ押さえている上に、ベタ過ぎ&デフォルト過ぎて食傷っていうこともない。妙にあっさりしている。今のところ、私の過去の記憶と現在の知識&感性と照らし合わせても良い予感がするし、退屈する気配が無い。ラブひなほど白けず、粗悪なラノベ(妹から貸して貰ったモノetc)ほどの粗雑さも無く、そのうえしっかり程良く童貞臭くもあるテイスト。キャラもしっかり立っている。楽しみだ。とにかく楽しみだ。
 
 周回遅れで消化中の『智代アフター』も、「お先真っ暗だけど昆虫のように生きてやる」的予感を強く感じさせてくれて興味をそそる。こちらはハルヒと異なり、おそらくはエロゲー的には異様に成熟したストーリーをぶつけてくる可能性が高いと踏んでおり、それはそれで楽しみなことだ。おそらく、成熟性や厳しい現実突きつけというのはエロゲーファンディスクというメディアのなかでは完全に異質な存在に違いないけれども、そういうものが出てくるってのは悪くないし、そんな『智代アフター』を自分と他のオタク達がどう消費するのかを確認するのも面白そうだ。ハルヒと比較してみるのも悪くない。
 
 だけれど、これらを実行するには、まず何より作品を喰ってみなければ話にならない。カタログやレビューだけ読んで済ませるなんて手抜きでは、オタクとしての自分が微塵も納得してくれない。カタログやレビューを読むのは、作品を喰ってみてからだ。然るべき後に、私は私なりに、不満や満足や罵倒や絶賛を口に出来るんだろうなぁ。
 

 それにしても、どちらの作品も、今のところ全く期待を裏切らない出来で楽しみだ。腹いっぱい詰め込んで、豚のように眠りたいところだ。