読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

「恋愛=結婚」は本当に幸福な価値観なのか

男女

 
 恋愛と結婚。
 
 この二つを無条件に結びつける人がいる。
 
 そこまでいかなくても、「恋愛を前提にしない結婚なんて不幸に違いない」と漠然と考えている人は珍しくない。最近は婚活がメジャーになったけれども、その婚活ですら恋愛的要素を必須プロセスとみなし、どうにか恋愛をこしらえようとする人もいる。
 
 これって、妙な固定観念じゃないかな、と思う。昭和時代にお見合い結婚した男女がすべからく不幸なら、恋愛は必須要素と言える。ところが、見合い結婚した人・政略結婚的に結婚した人にも、それなりに幸福な男女はいる。
 
 翻って、恋愛結婚時代の男女は特別に幸福になっただろうか?わからない。離婚が増えたという意味では、不幸な結婚が増えているようにすらみえる。非婚率も、恋愛結婚が本格化した70〜80年代あたりから増加している(参考:こちら)。
 
 尤も、このあたりは個人主義の浸透や世間体の変化の影響も受けているだろうから、判断材料としては弱い。ただ、さしあたって間違いないのは、恋愛というプロセスが当然とみなされるようになったからといって、男女の幸福度が特別に高くなったわけではない、ということだ。
 
 

恋愛を駆動する「モテ」や「惚れ」は結婚の判断材料として適しているの?

 
 で、私が不思議に思っているのは、なぜ、結婚相手を選ぶ際の前提として恋愛がこんなに重視されているのか、だ。
 
 結婚相手を選ぶにあたり、惚れた・腫れたは効率的な判断材料とは思えない。ついでに言うと「モテるか」「モテないか」のたぐいも、あまり良い判断材料とは思えない。
 
 考えてみて欲しい。結婚生活を幸福・円満なものにするために必要な素養と、モテたり好かれたりするために必要な素養は、どれぐらい重なっているだろうか。もちろん、重なっている部分もあろう――性格の相性や経済的状況などは、恋愛においても結婚においても無視しにくい。
 
 けれども、男女関係をゼロから立ち上げたり異性を惹き付けたりするための素養と、いったん出来上がった男女関係をメンテナンスしたり家族関係をマネジメントしたりするための素養は、かなり違っている。そして幸福な結婚生活に必要なのは後者ではないか?
 
 世の中には、恋愛上手と言われる人達がいる。恋を始めるのも、恋を終わらせるのも、とても上手な人達だ。恋を始めることだけが上手な人を恋愛上手と呼ぶ向きもあるが、散らかしてばかりで片づけるのが下手な人を私は恋愛上手だとは思わない。
 
 それはともかく、【恋愛上手=結婚上手】ではない。ときとして【恋愛上手=結婚下手】ですらある。恋愛にとって重要なのは始めること(と終わらせること)であって、長く維持することではない。醒めないスープが存在しないように、醒めない恋など存在しない。
 
 控えめに言っても、恋愛をスタートアップする素養と幸福な結婚生活に必要な素養には、無視できないギャップがある。にも関わらず、恋愛の評価尺度を結婚相手の評価尺度に近しいものとみなし、恋愛を結婚の必須プロセスとみなす人がまだまだ存在している!
 
 だから、恋愛の判断材料と結婚の判断材料を合一化しがちな世間の恋愛観/結婚観も、そのような個人も、大きな勘違いをしているように思えてならないのだ。社会の配偶システムとしては非効率だし、個人が結婚後の幸不幸を予測する方法としても巧くない。
 
 歴史的にみると、ヨーロッパで恋愛なる概念が洗練されていった中世末期〜近世期にかけて、恋愛と結婚は乖離していたのだった。全ての結婚が恋愛から切り離されていたとまでは言わないが、多くの結婚は恋愛から切り離され、恋愛もまた結婚と別枠で存在していた。恋愛と結婚が現在のような姿になったのは、もっと後の話だ。
 
 【恋愛=結婚】と思い過ぎる必要は無いし、思わなければならない道理も無いと思われる。恋愛が結婚に先だっていること自体は悪いことじゃないし、恋愛が重なり合うことで生じるメリットもあるだろう。だとしても、恋愛と結婚を同じモノサシで推し量れば見落とすこともある。恋愛にあぐらをかいて結婚相手を決めるのは危険だし、恋愛に適さない相手を必ず結婚相手として不適とみなすのももったいない――それらの決めつけは、恋愛至上主義的な勘違いと言わざるを得ない。
 
 

結婚生活にとって「モテ」より大切なもの

 
 じゃあ、恋愛に代わるか、恋愛を補佐するような結婚相手の判断材料はあるだろうか。
 
 私はあると思う。それは、長期的な人間関係を維持できる相手・信頼関係をマネジメントできる相手かどうかを確かめることだ。公私ともにそのあたりがキチンとしているパートナーなら、恋愛には不向きなプロフィールの異性でも、結婚相手としては素晴らしいかもしれない。
 
 簡単に言えば「自分の背中を任せられるパートナーか否か」だ。
 
 恋愛と違って、結婚生活は長い。離婚せずにうまくやっていくなら、数十年に及ぶ人間関係になる。その、長い歳月を幸福に――いや、せめて不幸が少ないように――過ごすために必要な素養は何だろうか?異性を惹き付ける力や、男女関係をスタートアップさせる力ではなかろう。パートナーがどれだけモテようとも、そんなものが数十年に渡る人間関係に与える影響はたかが知れている。
 
 それより重要と思われるのは、
 
 1.信頼関係がちゃんと維持できること
 2.人間関係のマネジメントやメンテナンスをやる意志と能力を持っていること
 3.協同関係や分業関係に適していること
 
 のほうだろう。これらに恵まれた相手なら、モテや華やかな恋愛とは縁が遠かろうが、長い時間を共有するには適していると思われる。ただ、こうした素養はパートナーに期待するだけでは駄目で、
 
 4.自分自身もこれらの条件を満たしていること
 
 も重要だ。相手には信頼やマネジメントを期待しておきながら、自分にはその意志も能力も無いようなアンフェアな人では、幸福な結婚生活など望むべくもない。1.2.3.4.が不十分でも、せめて、そうしたものを目指そうという意識は必須だろう。
 
 やたらモテる男女を志向するのでなく、しっかりとしたパートナーシップを志向するべきだし、そういう結婚観がもっと浸透したほうが不幸な結婚が減るんじゃないかと思う。