読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

誰もあなたの適応の面倒をみてくれませんからねぇ。

脱オタ

 (2007/10/15午後にかなり書き換えました)
 
 http://d.hatena.ne.jp/i04/20071012/p1
 
 別に、リンク先の文章が「お前ら全員自分の内側で革命しろよ」という指示形をとっているわけではないにも関わらず、ブックマークの反応をみていると面白い身のよじり方をしている人もあるようだ。まぁそれは置いといて。
 
 脱オタは、娑婆に対して俺に合わせろと言うものではなく、いかに娑婆に自分を適合させるか・または娑婆の状況を上手く生かすか、という所に焦点づけられる個人的行為、だと思う。マクロの社会ではなくミクロの個人がどうであるか、またどうでありたいのか、について脱オタ者は考えているし、またマクロのことを幾ら考えたところで個人の適応がどうこうできるわけもない。どうせ、革命やら社会変革やらに自分の適応状況を面倒みてもらうというのは、ステップ気候に住んでいて熱帯雨林気候に変わって欲しいと期待するほどではないにしても、かなり望みの薄いことでしかないのだから。ついでながら、「革命の英雄」に投げ与えられたパンやらベーコンやらで人は幸せになれるのか、ということにも僕は甚だ疑問を感じてもいるわけだが。
 
 脱オタにおける汎用性、異文化間コミュニケーション可能性の拡大、というものは、必要に応じてだが異文化間コミュニケーションを通して新しい技術・知識・文化・人脈というものを得ることを大きな手段としている(注:目的とはしていない)。だからただ異文化の風に吹かれていればいいというものでもなく、異文化コミュニケーションから得るものなり快適さなりが全然得られないような、そんな異文化越境はあんまりよろしくないと思っている。それぐらいだったら自分の文化圏やコミュニティの内側で過ごしたほうが良いだろう、とは僕も思う。異文化間コミュニケーションは、単一のニッチの内側で生き続けることに比べると、様々な獲得物を得られるチャンスに富んでいるし、だからこそ必要な人は頑張ってみるのもいいと僕は思う。その代わり、異文化間コミュニケーションのしんどさ、やりにくさ、そして「他者というものとはいかに理解しあえないのものなのか」という大前提を引き受けること、などなどが求められることは覚悟しなければならない。それらの難しさを克服することは容易ではないかもしれないが、その難しさをどうにかできれば、単一の文化圏の井戸のなかで暮らすよりも、遥かに広い視野と多様性に富んだ技術や文化、「わかりあえない人とどうやってやっていくのか」という融通、といったものに接続できるチャンスが生まれてくると思う。ただしあくまでチャンスだ。頑張れば必ず上手くいくとは私は思わないし、やりたくない人はやらなくてもいいと思う。僕は、自分の適応の可能性をもうちょっと広げたいと思ったから、脱オタしたわけだけれども、それが唯一の生き筋だとは思っていないわけで。
 
 細分化されまくった今日日の世界で、異文化コミュニケーションを放棄して生きていくというのは、その瞬間においては楽には違いない。けれどもニッチの井戸の底で視力を失っていくことも、覚悟しなければならない。そうやって視力を失っていった帰結として、人生における適応の幅というものは狭くならざるを得ないだろう。例えば異性との交際も、所属ニッチが狭くて男女比が極端なら、諦めるしかあるまい。自分の生きるニッチやコミュニケート可能なレンジを狭く絞ること・異文化から得られる視座や技術や人脈に期待しないこと、というのがどの程度生き易いものなのかには、予断を許さないものがある。臆病な僕などには、それがとっても怖い生き方のようにみえたわけなので、適応の幅を広げ、色々な人から色々なことを教わって生き筋や人脈を増やさずにはいられなかった。真に豪胆な人ならば、そういうのは気にしないものかもしれないけど。
 
 ただ、現在の自分の適応の幅に不満を持っている人が、メシアが社会改革してくれると思って空を見上げて毎日待つのは極めて愚かな人生の無駄遣いだろう、とはやはり思う。そんな事をしたってメシアはやってこないし、この、差異化と細分化極まりない現代社会が昔のムラ社会に戻ることもありえない。脱オタのような、社会適応の手札を増やす活動に打って出るのでなければ、むしろ文化ニッチや現在の生存環境に特化するべく埋没したほうがまだしもマシというものだろう。中途半端に不満を抱きながら他力本願、自分では何をするわけでもなく、自己嫌悪と同族嫌悪に耽溺するというのが、多分一番生きるのが辛く、惨めな状況だろうと僕は思う。北斗の拳じゃないんだから、メシアなんて決してやって来ない。恨めしい顔をして他所のニッチを覗きながら不満を訴えるぐらいなら、目を閉じて自分のニッチだけに集中するか、異文化コミュニケーション大航海時代に乗り出すか、どっちかしかないと思う。