シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

「把握と理解」に関する私的病理

 
 僕の性向は小さい頃から、「把握と理解」に大きく傾いていた。出来るだけ世界を知ろう、娑婆を知ろう、という絶え間ない欲求は、おそらく不可知や未知というものに対する不安を防衛する為の僕固有のパターンだったのだろう。もちろんこの性向は、僕の長所と短所を、視野と盲点とを決定づけたに違いない。「把握と理解」に対する欲求に基づくまま、僕はたっぷりと世間に開かれ、またたっぷりと閉ざされている。