シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

女の子には何でも願望する癖に、女の子の気持ちを忖度出来ない男達へ

 
 自分の気持ちやニーズを全部満たせ・全部よこせと言いつつ、対象の気持ちやニーズをろくに汲み取ろうとしない立場は、男女交際においてであれ、友人付き合いにおいてであれ、対象個人にとって許容出来る態度ではあり得ない。この至極単純なことを、日常のあなたはどの程度意識しているだろうか?
 
 ネット上でも、非ネット上でも、自分のニーズや自分の欲求を求めるばかりで、相手も同じ気持ちを持った人間個人であることを無視している人達がいる。だが、“お互い様”という言葉もある通り、個人と個人の付き合いにおいてはお互いのニーズやお互いの身の丈といったものを配慮しあわなければ友好的な関係というものは構築出来ない筈で、自分のニーズや欲求を満たせという人は、同時にまた相手のニーズや欲求を満たそう、という態度をも含んでいなければ片手落ちというものだろう。だが、この片手落ちの態度しかとれない適応プレイヤーというのが巷には溢れている。そのような片手落ちのダブルスタンダードな態度は、いかなる意図に由来する態度であろうとも、「我が侭」というレッテル貼りや、「この人はやめておいて、同じ手間で他の人と付き合ってみよう」という忌避に繋がるものであることは、私はそう簡単に忘れることができない。