シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

問いの答えは知らないが、kiya2014さんが少しでも幸せに近いよう、祈る

 
 

コメントにはレスしません。面倒なので。

ただ、ブクマの人たちも含めて、一言だけ書いておきます。

「本当の(真実の)恋愛は存在するか?」という、非常に猥雑な問いがあります。
矛盾に満ちた問いです。
問いの主体は何なのか。
メタレベルとオブジェクトレベルの境目はどのような構造になっているのか。
欲望は内包されているか。
そして、貨幣とは何を意味するのか。

http://d.hatena.ne.jp/kiya2014/20070528#p5

 僕は頭があんまり良くないから、kiya2014さんの問いかけに応えることができない。それどころか、問いかけの意味するところの70%も把握していないんじゃないかな。それでも僕は、日々の暮らしを少しでも楽しくしようとがんばることはできます。そしてkiya2014さんの問いをやっつけるより、kiya2014さん自身が何とかやっていけるように祈ることを好みます。
 
 

1.「本当の(真実の)恋愛は存在しませんよね?」
2.「本当の恋愛」じゃなきゃ駄目っていう人には、乙という一言を。
3.問うた僕らの猥雑さ。猥雑じゃいけないの?いけないのかもしれない。でも僕自身は猥雑でも構わないと思っているし、ここでいう猥雑から逃れる術を僕は知らない。ここは猥雑の地だ。
4.矛盾があったら(というより矛盾に遭遇したことに気づいたら)立ちすくむという人がいることは理解できます。矛盾があったら(というより矛盾に遭遇したことに気づいたら)考え込むことに長けた人がいるということも知っています。でも、もしその手の思索が“趣味”や“仕事”の域を超えて生活にまで浸透している人ってのは、個人としては不器用そうですね。矛盾を知りつつ日常ではスルーできる人や、日常では気づかない人達のほうが生活というものを気楽にやれるだろうし、逆に矛盾があるたびに自分自身の歩みまで止めてしまう人は、何も出来ずに立ちんぼのまんま。「気づきを踏まえなければならない」呪縛。
5.貨幣はおっぱいとは限らない。だがおっぱいは貨幣。→待てよ?良いおっぱいと悪いおっぱいを買い分けることは可能なのかな?
6.考えなくても勃起は出来る。薀蓄を知らなくても旨いワインは旨い。チラリズムがあれば一層勃起できることや薀蓄を知ることによって酒の味がブーストされるような感覚がある可能性を認めるのとは別個に、とにかく女に勃起し、ワインに酔いしれる、余地は残っている*1。初めて山葵を食べるケニアの人達も、“鼻にツンと来る感覚”に襲われ、誰に教わるわけでもなく顔をしかめる、ということまでは認めておかなければならない。
 
 
 上記のどうでも良いことよりも。
 
7.「で、kiyaさんの生活はどうするの?」と猥雑に問いかける俺。おまえどうすんだよ?どうやってくんだよ?なんとかすんのかよ?
8.ごめんなさい、現状において最適な適応を形成していると推定されるであろうkiya2014さん。いちばんうまいこと生きてください。いちばんうまいこと生きてください。
9.ぶっちゃけ、僕はkiya2014さんには幸せになって欲しい。「はぁ?」と言われそうだが。巧く言えないから「幸せになって欲しい」としか書けない。これもやはり猥雑だ。問いかけではなく祈りであっても*2、猥雑と呼び得る何かを含んでいることは否定しない。だめですか。
10.僕はkiya2014さんが好きだから、幸せになって欲しいと祈ってしまいます。
 

*1:この余地を綺麗に片付けてしまいたいという欲求を持つ人がいることは知っている。でも僕は逆に、こういう余地が少し混ざっていると考えるほうが娑婆をまなざすには便利なんじゃないかな、と思う。

*2:少なくとも私当人はそのつもりでも