シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

妻が隣で「この青空に約束を」の箱をガサゴソ空けてます

 
 はてなダイアラーでもある妻が、Amazonから届いた『この青空に約束を』のエロゲ箱を玄関からくわえてきた。宅配便の方乙。
 
 早速漁ってる漁ってる。
 「まー」「あらー」とか箱を眺めている。曰く、

 「乳首が生々しい。やっぱエロゲー」
 「峰不二子よりもウエストが細い!人じゃない!」
 「この身長でこの体重は重すぎる!」→鉄の棒でも背中に入ってるんじゃないか、という話に。
 「離島にこんな美人がいっぱいいるわけないよ!で、男の子一人?うっわーエロゲー!」
 「制服とスカートの隙間から背中がチラ見だ!ちゃんと見えてるよ!」
 「先生は新米二年目二十四歳、だって。」
 「ニヤニヤ」
 
 だそうで。以前こいつはToheart2のフラグを勝手に進めてしまっていたことがあり、いつのまにかたま姉が「やっちゃった後」になっていたこともある。月姫も嬉々としてやっていたから要注意だ。セーブデータ管理に気をつけなければ。しかし、免疫があるというのはありがたい。本当にありがたい。我が家では、“押し入れのエロゲーが全焼”とかは無いと思う、多分。多分だけどさ。