シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

fromdusktildawnさんが何故か触れなかった空白を想像して楽しむ

 
 石器時代から1万年ぶりに、この惑星上の富が人々に平等に行き渡る時代が来る - 分裂勘違い君劇場
 

貯金が貨幣価値の変動で消滅しないように、ポートフォリオを組んで各国の株や不動産や貨幣に分散させ、防衛的に資産運用すること。中国人やインド人に負けないくらいには、スキルアップし続けること。
 
少なくとも、これらを全てしっかりやれば、現在すでに、ある程度の稼ぎのある日本人は、逃げ切れるのではないか。
人生は、それほど長くない。死ぬまでの期間、財政的に持ちこたえれば、それで十分なのだから。

 
 年末、fromdusktildawnさんのネタマジ記事が飛ばしている。私も面白おかしく楽しませて頂いていて大変感謝だ。正月番組などよりよほど退屈しない。ネタですネタですネタネタネタという雰囲気と、わざと混入される幾つかの釣りポイントのお陰で、fromduskkildawnさんの記事に含まれるえげつなく惨たらしい内容も、読者は誰でも楽しく読むことが出来る。ネタ感は、エントリ内のマジでシビアでどうしようもない現実を麻酔するのに有効だし、わざと釣り針を所々に仕掛けておくことによって「記事を攻撃したい人」は釣り針に引っ掛かってコア部分には手が回らないようなカラクリになっている。分裂勘違い君劇場は、シビアな現実をそれほどの反感なく描ききってしまうのになかなかおあつらえ向きの大衆劇場になることが出来たと思う。これは凄い。ブックマークが沢山集まるのもうなずけるし、この調子でトバしていって欲しいと思う。こういうネタマジ娯楽師、ネット上に100人ぐらいいて、電波ゆんゆん周りをかき回してかき回して過当競争になっちゃえばいいなと思う。
 
 それはさておき、未来予想図に対する「分裂勘違い君劇場」の処方箋は、どちらかといえば社会というマクロのレベルよりも個人というミクロのレベルに対するものが中心となっている。前回のエントリや今回の防衛的資産運用の話もそうで、「日本という国家水準でどうこうと言ったって大変な事になるのは避けられないよね、だから個人で何とかするしかないよね」という話に行き着いている。
 
 しかしこれを皆がやればどうなるのか?2006-12-29 - 赤の女王とお茶をで書いているように、そんなことしたって、結局リソースや能力のある人が浮いてそうでない人が沈むという、いつもの構図ができあがるだけだったりするのだ。個人として防衛的資産運用に傾けるのが得策というのは大変頷ける話だが、それはミクロの問題の解決であって、マクロがどうなるのかはまた別の問題だ。多分、沢山溜めた奴が浮いて、溜めてない奴が沈むという構図ができあがって、ミクロの処方箋の蓄積はマクロのレベルでは異なる結果を生み出すことだろう(より溜めてない奴が沈み、より溜めてる奴が浮くという差異の拡張がもたらされる、ぐらいか)。そして、fromdusktildawnさんの「今を生きる日本人はどうすれば良いか」については常にミクロの処方箋が呈示されるのである。
 
 ああ、勘違いしないで欲しい。そんなことはどうでも良いのだ。文章なんてものは、減点法で採点するならゼロ点でも、加点法で400億点ならそれでいいんだし*1
 
 私はfromdusktildawnさんの姿勢がダメだと言いたいわけじゃない。私が興味を持つのは主として個人の適応なので、fromdusktildawnさんがマクロの処方箋を呈示してない事にも殆ど不満は感じない。あるいは、残酷なほど現実的なミクロの処方箋(それも、リソースがある程度無いと無理なやつ)が出てくるという展開は、殺伐とはしていても理想論に逃げてなくて好感すら持てるかもしれない。着想が面白かったりネタがネタとして楽しめたりすれば、それはそれでいいし、突っ込みどころが多い記事でさえ、後続の論議を巻き起こしたりもっと事情に詳しい人を引っ張り出してくれたりすれば、ありがたいことだと思う。それでもって、fromdusktildawnさんの記事はそういう条件をいつもきっちり満たしているのだろう。正確さやら「深さ」やらだけがブログの生きる道ではないわけで。
 
 なんか話がズレた。
 そうじゃなくて、fromdusktildawnさんが提示した個人の対処法、防衛的資産運用について書いてあるのをみると、「おや、これはヘンだぞ」と思うところがあって不思議に思ったので、なんだろなんだろと思った次第である。油田ガス田保有は駄目、円もわかんない、株も問題だらけ、という事で海外も含めた資産分割などについて書いてあるし、それはどれも納得できるわけだけど、どうしたわけか、書いてないカテゴリがあるような気がする。あの辺りが書いてない。なんでだろ。どうしてだろ。
 
 私は、fromdusktildawnさんの知的機能はとても高いと想定している。とりわけ、着想の広さや視野の広さは相当のものなんじゃないかと思う。そんな彼が、あれを思いつかない筈がない。あれとはすなわち、現物、特に貴金属の現物についてのことだ。五年ほど前、私は今回のエントリと共通点を多く有した話を‚¢‚₲‚Æで読んだことがあった*2が、そこには金(ゴールド)の記述もあったんだが、今回のfromdusktildawnさんのエントリには貴金属の現物についての記載が無い。これはどうしてなんだろうか?私はfromdusktildawnさんの着想の広さや視野の広さを信頼しているので、思いつかなかった、とは到底思えない。じゃあなぜなのか。私は職業柄、以下の三つとりわけ1.2.のどっちかなのかなぁと思ってしまう。
 
1.fromdusktildawnさんが現物の事を書くのを敢えてやめおいた、なんとなく書きたくなかった
2.fromdusktildawnさんが現物の事を「思いつかなかった」
3.fromdusktildawnさんが現物の問題点を痛感している

 
 この三つのうちのどれかなんだろうな。
 
4.fromdusktildawnさんが貴金属などの現物の存在を知らなかった
 
 これは有り得ないと思う。遅かれ早かれ、絶対に一度は貴金属現物のことをfromdusktildawnさんは着想しているか、着想する機会に遭遇している。でも、書いてない。なんでだろ。私の知恵ではわからない。1.2.なのかな。それとも、3.のように問題点が多いからか。もし、積極的な資産運営じゃなくて防衛的な資産運営を紹介するなら、その最たるものといえる現物溜め込みに思いを馳せてもおかしくなさげだが、彼は書かなかった。色々考えて、頭の体操をはじめよう。いち に さん。
 
 
 
 
 いや、どう考えても考えすぎです。本当にありがとうございました。
 

*1:ブログに関してはね。いや、ブログだけじゃないような気もする。でも減点法好きな人のほうが多いのかな。

*2:何故か今読めなくなっちゃってる