読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

虫姫さまふたりにありついた!

 
 ようやくゲーセンに出かける時間が出来たので、虫姫さまふたりにむしゃぶりついた。店員さんの話では、前作よりも難しくなっているとのこと。まずはoriginalをプレイする。2chなどの前情報抜きで、いきなり戦ってみる。確かに難しいが、これまでの経験に逆らうような弾筋はあまり無いので、歴代の縦シューをやっている人なら直感に任せて避けても大丈夫そうだ。
 
 丁寧なパターンを作れないクリアラーとしての分際を弁え、素直にパルムノーマルタイプを選択。プレイ一日目は待ち伏せして敵をやっつける事が出来ず、専ら目視で戦うことになるわけで、こういう時は機動力の高い素直なキャラクターを選んどくってもんだろう。とりわけ、弾数の少ないoriginalモードの場合、弾銃フィーバロンのような機動と切り返しが重要になりがちなので、速度の速いパルムノーマルは非常に扱いやすい。幸い、ショットに切り替えても攻撃力はあまり落ちないので、道中はショットを若干多めに使っていくと丁度よい感じか。
 
 以下、幾つか印象に残ったことを幾つか。
 
・敵が弾を撃ってくる位置がしばしば画面上方1/3より下だったりするので、シューティング初心者にはかなり圧迫感がありそうだ。1面の中ボスや1面ボスは、じたばたしたり焦ったりしたら、幾らか慣れた人でも死ねそう。初心者には厳しいゲームになった。
 
・初代虫姫さまに比べてドット絵が粗いと思っていたけど、慣れるとこっちでいいやと思う不思議。単に1面の敵がでかく感じられるだけか?クリア時の絵も、こっちはこっちで独特の味わい。
 
・四面序盤、ナナフシ一匹目を炙るとにょろにょろが出てきて、「こいつは炙るとにょろにょろが出てきてにょろにょろ弾を撃ってきますよー」と事前警告してくれる。3面や5面の中型機についても似たような傾向。ああ、このゲームの敵配置はやさしいだなぁと感心。弾筋もオーソドックスなものが多く、素直だなぁ。
 
・1面のボリュームが大きい。特に3〜5面は、中ボスを倒してもまだまだステージが終わらない。へとへとになってボスに到達する感。だが、それもいい。
 
・アブノーマル機体は確かに癖が強い。ただ、滅茶苦茶効くこともあるので、道中を暗記し機体性能を掴めばmaniacで活躍してくれるかもしれない。要研究。
 
 いやぁ、久しぶりのシューティング新作だ。かなり飢えていた。まだマニアックが残っているから、暫くは退屈しなさそう。沢山お金と時間をつぎ込もう。