シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

はてなカラス作法心得

  
 はてなのさもしい皆さん、こんにちは。はてなブックマーク上に、ある事ない事書き散らしてお騒がせしておりますシロクマと申します。「こいつはdisっても大丈夫そうだな!ヘッヘッヘ!」とか、「やった!小馬鹿にして爽快感を味わうチャンスだぞ!」とか思った折、皆さんはちゃんとブクマコメントを残してますか?私のようなクズの場合、はてなブックマークとは単なる情報収集のツールとしてだけでなく、暗い情熱を満たす機会を伺うツールとしても重要です。比較的安全な、“ブックマークコメント”という高みから隙の多いエントリを思う存分ついばむ狡賢いブックマーカー達は、(私も含め)はてなカラスと名付けることが出来るでしょう。今回は、こうしたカラス然とした、卑怯上等安全第一効果抜群優越感MAXッッなブックマークライフを満喫する為の心得について、不肖シロクマめが知恵を絞ってみるという主旨でございます。
 
【はてなカラス作法 心得の条】
 
・索敵範囲を広くして、獲物をしっかりキャッチ!
 あなたが優越感を堪能する為にも、あなたの見識の正しさを誇示する為にも、まずは“手ごろな獲物”を見つけなければ話が始まりません。うっかり筆を滑らせてしまって炎上寸前の人・政治的にも見識的にも強大な相手と揉めていて敗色濃厚な人・自意識過剰で視野の狭小化が進んでいる人は、カラス的には最高の獲物なわけですが、いつでもどこでも転がっているというわけではありません。あなたの唾棄すべき活動の第一歩として、広い索敵能力を身につける必要があります。
 
 幸い、はてな界隈には、奸智に長けたはてなカラスの先輩方が沢山いらっしゃいますので、入門者の方は、まず彼らのブックマークを『はてブお気に入り』に加えてみましょう。先輩カラス達は、どこからともなく的確に獲物を選別してブックマークしてくれるので、クリアな(しかし真っ黒けの)視界を提供してくれること請け合いです。
 
・臆病なほど安全志向にむしゃぶりつけ!
 さて、おあつらえ向きの獲物は見つかったでしょうか?しかしはてなカラスたるもの、リスクを最小限に抑えて最大の快楽なり優越感なりをゲットするというものです。危ない橋を渡ってハイリスクハイリターンなんて事は老練な先輩カラスさん達に任せておき、まずは手堅く獲物にむしゃぶりついておきましょう。え?それじゃあ衆愚ですって?衆愚ですが、何か*1
 
・多勢に無勢だ!群がれ!食い尽くせ!
 皆さんも、数の暴力という言葉はご存知でしょう。はてなブックマークにおいても、数十人の非難や罵倒が一斉に発生することがしばしばあります。こうした局面は、もちろん尻馬に乗るチャンスであり、自分で判断しないで尚且つ安全に“罵倒の快楽”“ジャンヌダルク気分”を味わうことも可能です。どうせあなたは醜いカラスさんなんですから、躊躇うことはありません。指揮官カラスに率いられるままに、獲物に殺到しましょう。対応不能の被ブックマーク者は、じたばたどたばた暴れた挙げ句、ばたんきゅーです。
 
 ですが、一言断っておきますね。世の中には、こうしたはてなカラスの性質を逆手にとって、「こいつらが、この記事に釣られた馬鹿ガラスどもです。m9(^Д^)プギャー」と投網を投げてくる頭の良い人達がいたりもするんですよ。うかうかしていると、あなたも魚拓をとられて自意識の疼きに苛まれるかもしれませんが、「なぁにかえって免疫力がつく」。厚顔無恥に進化するも良し、“釣り警戒レーダー”を装備するも良し、誰と誰が危ない人なのか覚えておくも良し。完全に安全で楽チンに罵倒しようなんて思っているそこのカラスさん、幾らはてなカラス道が畜生道とはいえ、それれじゃあさすがに通りませんよ
 
・獲物にあわせてタグを使いこなそう!
 もちろん、はてなブックマークのタグは、情報収集・情報整理の道具としてとても優れているわけです。が、はてなカラスは違いますよ、そんなお上品なことだけにタグを使ってるうちは、まだまだです。ほら、よく見かけますよね?[しねばいいのに]とか[ぶっ転がすぞ]とか[これはひどい]とか。こうした卑しいタグを、はてなカラスは適切に使います。まぁ、こういうのはナイフとフォークとスプーンみたいなものですから、肉料理には肉料理用の、魚料理には魚料理用のタグがあるってものです。あなたのブラックユーモア(または粗野っぷり)を凝縮した、効果的なタグで獲物を料理しましょう。
 
・みんなで力をあわせて、大きなフォントのタグをつけよう!
 「三人よれば文殊の知恵」と申しますが、はてなカラスも力を合わせればスゴいことができるっっ!!
 
 手強いターゲットを他のカラスさんが一生懸命つっついている時、あなたは同じタグをつけることで力を増幅させることが出来るのです。例えば、たった一人のブックマーカーが[これはひどい]をつけたところでタグは小さいままです。これじゃあ面白くも無いし獲物にも効果が無い。でも、カラスで力をあわせれば、特大フォントで表示することができます!例えば、はてなブックマーク - シロクマの屑籠(汎適所属) - やせ我慢しているエロオタを聖地巡礼に誘って、功徳を積みましょうなどは五匹のカラスさんが力をあわせた結果、ここまでフォントを大きくしちゃいました。大きなフォントで、これはひどい。ああ、ひどいですねぇ。言われたほうの自意識はたちまち火だるま。言うほうのカラスは気分上々といった具合です。
 
【以上が、はてなカラスの基本形(型)です】
 以上、はてなカラスの基本形とも言うべき心得をご紹介してみました。まずはこうした「型」を身につけるところから入っていくことをお勧めします。ああ、もちろんこれは畜生道ですから、そこを弁えてカラスをやったほうがよいでしょう。このはてなカラスの立場に漫然と居座り続けた人は、臆病さと意地汚さと優越感の権化となって、心を真っ黒に汚し続けることになるのです。ほら、やりすぎたと思ったあなたは、今すぐ手鏡をみてみましょう。目がくぼんでないですか?肌がテカテカしてませんか?口の端が歪んでいませんか?あまり心を汚しすぎますと、容貌にそれが顕われてきますよ?やりたい放題やっているうちに、「最近○○意地汚い顔つきになったねー」なんて友達に言われると結構グッサリ来るものなので(体験談)、皆さん気をつけましょう。え?友達いないですって?い、いや、友達がいない人も、程ほどにしたほうが、い、いいと思いますよ。
 
 じきにあなたも、こうした意地汚い(型)を意識しつつも、先輩カラスさん達がもうちょっとマシな意味合いを模索していらっしゃることに気づく筈です。幾らはてなカラスが比較的安全で群れて自意識を垂れ流すのに向いているからって、そればっかりじゃ本当の畜生に成り下がってしまいかねません。確かに、はてなカラスは楽しくて快適であなたのさもしい欲求を満たすに好適な手法ですが、そこから一歩進んだ、もうちょっとマシなカラスへと発展なさっていくことを(個人的には)願っております。
 
【指揮官カラス用追加オプション】
 以下に、指揮官カラス用の上級オプションを三つばかり補足しておきます。「俺も、id:I11さんみたいな立派な指揮官カラスになって、先陣切って突撃するんだ!」などの野心を持った人は、基本カラス心得に加えて幾つかの特殊オプションを装備したほうがよいと思います。
 
・対コンプレックスレーダー
 ターゲットの自意識やコンプレックスがどちらの方向にどんな盾を構えているのか?防衛機制によって防衛せざるを得ないweak pointはどこなのか?こうした情報は、相手のリアクションの大きさ・ズレ・不自然さを通して把握することが出来ます。たとい手強いターゲットであっても、長い長いwatchingを通して対象の自意識やら防衛機制やらに気づくことはしばしば可能です。ターゲットの自意識・コンプレックスの向きをバッサリ喝破できるなら、効果的な狩りが可能になります。 
 
・トラックバック&エントリ攻撃!
 はてなブックマークは、その制約上100字しかコメントすることが出来ません。それじゃあ物足りないという欲深なあなたは、やはりトラックバック&エントリ攻撃で獲物を徹底的にしゃぶり尽くしましょう。勿論、トラックバックするからにはそれ相応の迎撃に遭遇する可能性が高くなるわけですが、賢いカラスさんなら地上戦になっても喰えるorむしろ反撃したところでとどめを刺すぐらいの時だけ、地上戦を展開する筈です。私の知っている或る老練なカラスさんなど、はてなカラスの群れが十分空爆し尽くした最終局面になってようやくエントリ攻撃を仕掛けるという慎重っぷりです。制空権を確保して、一方向的なdisりっぷりに興奮してください!
 
・指揮官カラスなら、先頭きって突撃だ!
 はてなカラスのなかでも凡庸な兵隊カラスさん達のなかには、[これはひどい]タグをつけるタイミングをオズオズと見計らっている人達がいます。あなたが指揮官カラスとして悪虐の限りを尽くすのでしたら、やはり兵隊達を煽るテクニックが必要でしょう。「これは狙いだ!」と思った時、ほかのカラス達が大喜びしそうなコメントをつけましょう。面白いタグでも結構です。たった100行の小さな世界に、あなたの扇動者根性を叩きつけるのです!
 
 もちろん、こうしたコメントを真っ先につけるということは、ターゲット側からの対空砲火に真っ先に曝されるということに他なりません。ですが、兵隊と違って指揮官は先頭に立って旗を振るからこそ指揮官というものです。はてなカラス突撃隊隊長、などという破廉恥な称号に憬れる困った人は、リスクを負って先導しちゃいましょう*2
 
 
 ※良くも悪くも、はてなブックマークはあなたの人品が浮き出る場だと思います。はてなカラスの皆さん、時々は鏡を覗き込んでくださいね! 

*1:はてなカラスにしても、ネットイナゴにしても、まず衆愚ありきであり、カラスの群やイナゴの群というのは、老練な先導役以外は衆愚という批判を避けられません。ただし、はてなブックマークで経験を重ねるうちに、カラスさんのなかで愚かな見識を迎撃されて迎撃に耐えられない人はやっぱり淘汰されますし、ブックマークに対するブックマークで叩かれる可能性もあるわけで、はてなカラスのなかにも幾らかの淘汰作用があるような気がします。完全安全とはいきませんね。

*2:そうそう、時々振り返ってみましょうね!先頭きって突撃したけど誰もついてこなくて、自分だけボコボコに迎撃されたり、真後ろの兵隊カラスに寝首をかかれたり、色々ありますからね!