シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

朝起きたら、VAIOが冷たくなっていた

 
 朝起きたら、VAIOが冷たくなっていた。電源が入らない。知っている限りの方法を試したが、もうピクリとも動かない。アダプタやバッテリが原因かな?と思い、交換してみるも動かない。お亡くなりになりました。長い間、ありがとう。SONYタイマーを超えて、おまえはよく頑張った。
 
 このVAIO PCG-1Sは七年以上前に買ったモバイルパソコンだった。最近はキーボードのUキーがゆるくなって打ちにくくなっていたので、データを引っこ抜いて予備役に回してあった。MMXペンティアム166MHzというスペックでは、もう同人ゲームも遊べない。でも、何年にも渡って数々の場面で活躍し、沢山の思い出をつくってくれた“使い魔”だった。動かなくなったHDDには、数年分の魂と情念と怨念が今も宿っていることだろう。
 
 裏庭に穴を掘って埋め、墓を立ててやりたいと思ったが、不法投棄と言われるのがおちだろう。2002年には、大須の万松寺でパソコン供養をやっていたらしいが、今はやっていないっぽい。このVAIOの菩提をどうやって弔おうか。現実的には、HDDを引っこ抜いて納骨の代わりとして、残りは捨てるしかなさそうだ。後は写経して合掌か。
 
 もう歳だったから仕方ないよなぁ。むしろ、SONY的寿命を超えて長生き出来たことを喜ばないと。このVAIOが死んでも、データやノウハウをはじめ、沢山の因縁が子孫達に引き継がれているんだから、去りゆくものを悲しんでも仕方ないよなぁ。突然の事故ではなく、老衰で死んだうちのVAIOは幸福なほうなんだろうけど、それでも悲しいものは悲しい。これが執着による苦しみなんですね、先生。でもそれだけ好きだったんですよ、あいつが。
 
[復活希望]:亀嶽林 萬松寺