シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

ハウルの動く城をテレビで見ながら

 
 ハウルを見ているうちに、かなり非道い前評判の『ゲド戦記』を見るのが怖くなった。ハウルは駄目駄目かと思って映画館でみなかったのは失敗だったのかもしれない。ナウシカチックな世界や演出に、思っていたより心酔している自分がいた。
 
 それにしても、宮崎駿の映画をみていると、どうしてもコミック版ナウシカを想起せずにはいられない。ハウルも、千と千尋も、どーしてもコミック版ナウシカのつぎはぎにみえてしまう。実際に宮崎駿監督さんにそういう気持ちがあるのか、それともコミック版ナウシカの洗礼なのかは分からないけれど、どうしようもないほどコミック版ナウシカを意識しちゃって…最終的に「ナウシカコミック版通しで映画にならないかなぁ」といういつものオタ願望に至ってしまいがち。
 
 “シロクマ君、それはナウシカ馬鹿な一オタクとしての願望だネ”と指摘されたら頭をかくしかないけれど、でも俺ナウシカ好きだからいいや。「どなたか、ナウシカコミック版を豪奢なアニメにしてください」、と星空に向かって祈っておこう。結局今回のハウルも、ハウルに惚れたというよりナウシカの影に惚れていたというのが本当のところっぽいもんなぁ。