読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

現状の観察2:能動過小傾向に覆われる、20代〜30代の男性諸群(要約)

 
Œ»ó‚ÌŠÏŽ@‚QF”\“®‰ß¬ŒXŒü‚É•¢‚í‚ê‚éA20‘ã`30‘ã‚Ì’j«”ŒQ(”Ä“KŠ‘®)
 
 こちらのテキストでは、一つ前の現状の観察1:“非モテ”“モテない男”を自称する人達にみられる共通点(要約) - シロクマの屑籠に引き続いて、能動過小傾向がみられる思春期男性の幾つかのグループを紹介している。今回紹介されているのは、1.第三世代以降のオタクの多く 2.自称非モテ 3.社会的引きこもり となっている。彼らは皆、それぞれの次元と程度において能動性を欠いており、異文化ニッチに属する他者への踏み込みが出来ない状態となっており、葛藤(とそれを防衛する防衛機制)の多い状態を呈している。
 
1.第三世代以降のオタク
 彼らは複数の趣味のなかからオタク趣味を選んだというより、スクールカーストや能力上の偏倚などから消極的にオタク趣味に流れざるを得なかった者を多く含む。こうしたオタク達の多く(殆ど!)は、オタクニッチ以外の他者への能動性が決定的に欠落している。なおかつ、消極的にしかオタク趣味を選択していない彼らは、自分たちの趣味的営みに誇りを持つことなく、劣等に位置づけられるものと感じている。いかにも葛藤の多そうなこの状況に対するオタク達の適応戦略としては、オタクコンテンツの消費などを通して葛藤を緩和することが挙げられる。オタク界隈はオタクの葛藤緩和の優れたバッファに恵まれているので、オタク達は簡単に不適応を起こすことはない。
 
2.自称非モテ、モテない男
 彼らもまた、もともとは自ら好きこのんで異性と交際しないわけではない。オタクとかなり重複している彼らもまた、異性への能動性が決定的に欠落している。そんな彼らもまた、モテ=優等 モテない=劣等 という価値基準から脱却することが出来ず、その場で苦悶を続ける傾向が強い。彼らの適応戦略としては、非モテ関連の議論を行うこと(合理化、知性化)、エロゲーなどを用いること(補償)、女性を敵視すること(投影)など様々なものがみられる。こうした諸法に通じている非モテは、(異性に焦がれながら手が届かず劣等感を感じ続ける)葛藤を効果的に緩和できるので、やはり適応を維持しやすいだろう。
 
3.社会的引きこもり
 社会的引きこもりは、人間関係の全分野にわたって能動性が欠如し、関わりから退却している。なかには家族との関わりすら絶っている者も多い。そんな彼らもまた、自らの状況とコミュニケーション出来無さ加減を劣等としつつ、そこから一歩も動けないで苦悩を続けている。残念ながら、社会的引きこもりは上記1.2.と異なり葛藤を緩和するリソースに恵まれていない。また、葛藤の程度も桁違いなので、しばしば心的適応を維持しきれなくなるケースがみられる(だから幻覚などを呈して精神科を受診するケースもある!)。社会的引きこもりは、能動過小現象の極北に位置する存在で、適応の崖っぷちに追いつめられている。
 
 このように、かなり多くの成員を含んだ幾つかのカテゴリーにおいて能動過小現象はみられている。だが、彼らとて葛藤に対して無防備なわけではない。次のテキストでは、そんな彼らの適応の在り方(処世術あるいは防衛機制の展開させかた)について考えてみようと思う。
 
(ここだけの補足:本当はこの後に4.働いたら負けだと思っている型ニートと5.夢を販売するのが仕事の専門学校に通ってダラダラしている群を入れようかどうか迷ったけど、今回はやめといた。id:Masao_hateさん、ごめん!アレ生かしきれなかった!)