読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

シンジとアスカはどちらが境界性人格障害っぽいか?

 
 今後、本家に掲載する長めの文章の要旨をこちらに置いて相互リンクさせることにします。
  『エヴァンゲリオン』の、シンジとアスカはどちらが境界性人格障害っぽいか(汎適所属)
 
 要約:今回の考察では、エヴァンゲリオンの主要人物・碇シンジと惣流アスカのどちらかが境界性人格障害っぽいかを検討してみた。アメリカ精神医学会による境界性人格障害の診断基準に二人をあてはめた時、境界性人格障害の診断基準をより多く満たしたのはアスカ(4個)であり、シンジ(2個)のソレよりは境界性人格障害の症例に近い心的傾向を持っていると考えられた。

 具体的には、アスカは
1.現実に、または想像の中で見捨てられることを避けようとする気違いじみた努力
3.同一性障害:著明で持続的な、不安定な自己像または自己感。
6.顕著な気分反応性による感情不安定性
7.慢性的な空虚感

の四つの診断基準を満たし、シンジは
3.同一性障害:著明で持続的な、不安定な自己像または自己感。
7.慢性的な空虚感

の二つしか診断基準を満たしていなかった。
 
 以上から、アスカのほうが境界性人格障害っぽいとは言えそうである。とはいえ、自傷行為の有無や理想か&こき下ろしといった症状はアスカにはみられておらず、診断基準9項目のうち5項目を満たすには至っていない。よって、アスカを境界性人格障害と診断するのはちょっと無理があると言えるだろう。ボーダーっ気のある女の子、と表現するのが妥当ではないだろうか。
 
※本テキストのほうではこの後、若干の考察などを付け加えました。
※また、本テキストのほうはシンジとアスカと境界性人格障害と - 世界のはてに対する御返事として制作してみました。考察の機会を与えて下さったid:Masao_hateさんに多謝。