シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

自称人間愛好家たち

 
 「私は人間を愛しているのです」と言う人の言い分をよく聞いてみると、彼らが実は「人間の理想」だけを愛しているのであって「ありのままの人間」を愛しているわけではない事に気付く。理想には熱狂するものの、見たくない現実はあくまで見ないというその態度は、今そこにいる他人と自分を、全人的に肯定できない事を意味している。彼らは人間のgood imageだけを愛する。そこでは、bad imageは自分や人間像から切り離されて、許し難く認めがたい真っ黒なものとして認識され、排斥される。
 
結局のところ、彼らは人間を愛していない。
彼らが愛しているのは、彼らが人間に期待している自己願望だけである。