シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

 

 妄想は、理解しがたい認知しがたい事象に対して「○○のせい」という理由付けを与えるショートカット機能の体現、と捉える事も出来る。もちろんこのようなショートカット機能は、最悪の事態において出現するべきものであり、通常はショートカット機能が顕れる前段階で客観的・悟性的に吟味されるものだけれど、何らかの理由で(ex.知的機能・認知機能の不足や衰え、統合失調症のような情報への過敏性)吟味の機能が壊れれば妄想と名付けられた理由付けのショートカットが出現するのかもしれない。
 
 なお、以上は精神医学の一般的認識からかけ離れた、私の「妄想」です。真に受けないでください。