シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

なんだ、東方ちゃんと面白いじゃん

 
 我が家にもようやく東方シリーズが揃い、コントローラも買ったのでプレイが可能になった。「ははん、ゲーセンのシューティングに比べればぬるい弾幕&ぬるい弾筋だな」と思うも、バタバタやられてクリアできず。「ゲーセンの筐体に入っていればお前らなんて敵じゃない!」と叫んだところで負け犬の遠吠えで、家庭用には家庭用の流儀がある事を無視するわけにはいかないので、何とかハンディを克服しなければ。
 
・ジョイスティックではなく、パッド故のハンディ
 ジョイスティックは、慣れると抜群の安定性を誇り、誤動作を最小限出来るインターフェースだと思う。でもパッドはそうはいかない(俺が慣れていないってのもあるけど)。左手のぐらつきの影響を受けやすいのだ。対策としては、コントローラの下にタオルをひいて、右手のショットボタンはゲーセンみたいに上からボタンを押さえつけるように、左手はしっかりタオルに押しつけて固定するように。 これがわかるまで、normalすら全然進まず苛々したが、ちょっと改善。
 
・画面小さい!
 当たり前といえば当たり前なんだけど、画面が小さい。オペレーションの精密さという点では(normalやhardぐらいなら)アーケードゲームより下の筈だけど、画面が小さいから段幕の見かけ上の狭さはサイヴァリア・式神の城並みに感じられる。どこか、弾幕にビビっているような気がする。これじゃあミスが増えるってものだ。
 
 画面にしてもジョイスティックにしても、やっぱりインターフェースの問題をどう克服するのかが鍵だろうか。まだ二作目「東方妖々夢」のnormalをクリアしただけで、しかもこれだって初見はおろか、何回もやらないとクリア出来なかったわけで、下級シューターとはいえシューターである事に拘りを持つ俺としては、自尊心を満たし技術を向上させるうえで何としてもアタックしたいところ。全部の作品でhardぐらいを何とかクリアしたいけれど、果たしてどこまで達成出来るか。長時間遊んでいる余裕がなくても、クリアラーなら何とかしないと。その為のクリアラーなんだし。