シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

 【失敗する自由】
 
 今のうちに対策をうてば未来の災厄を回避できる、という状況がわかっていながらも、当人の失敗する自由を尊重し、実際にのた打ち回る当人に後日出会う、という一連の流れに、私は未だ慣れることが出来ない。どうしても様々な感情が沸き起こる。彼らの判断・見識を嘆くべきか、私という一個人の無力を責めるべきか、彼らの自由を称えるべきか。いや、その自由はかぎ括弧に入った自由だ...スキーマと価値観と素養の檻のなかでクソをたれる自由でしかない。それでも自由は自由だ、より制限の多い状態よりは尊重しなければならないだろう。たといその自由を行使することで、今度は檻どころか磔になる確率を高めるものだとしても。私個人の感慨や、彼らの予後にかかわらず、その括弧つきの自由を、私は尊重しなければならない立場にある。
 
 その是非はともかく、まだまだ私は「因果の流れが悪いほうであたってしまった時の感触」に慣れることができない。もっと無能な予測しかたてられないようになれば、楽になるだろうか。傲慢な把握?然り。だけど、少しでも不利な予後を避けやすい提言を試みるのは、私の仕事に要請される重大な一要素だから、やめるわけにはいかない。