シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

【ゴッグのさけび――コミュニケーションに関する暗喩】
 
畜生!
どうして俺様がこんな目に遭わなきゃいけないんだ!
量産型とはいえ、俺様は水中のスペシャリストだ、
ガンダムさえ、水中の俺様にゃかなわない。
メガ粒子砲は水冷式で大出力、
装甲も60mm機関砲ぐらいじゃなんともねぇ、
だのになんだよこの境遇は!
 
最新鋭のゲルググは仕方ねぇが、ザクだのジムだの、
豆鉄砲と紙装甲の連中がどうしてのさばってやがるんだ?
はぁ?汎用モビルスーツだぁ?
どこでもそこそこ戦えるってだけで、そんなに偉いのか!?
器用貧乏だってぇのが、そんなにありがたいのか?
連中が水中に来てみろ、俺様にかかっちゃ、あっという間に
バラバラよ…そりゃあグラブロ様には叶わないし、ズゴック
の二股野郎みたいな器用さはないけど…とにかく水中じゃ、
連中なんて敵じゃねぇ!
 
だっていうのに、どうして俺様がモビルスーツデッキの隅で
縮こまってなきゃいけねぇのか?!
どうして俺様だけ、話についていけないんだ?
お前ら水中の話しろよ!
宇宙もジャングルもわからねぇ!
整備士共も、あいつらばっかり整備して、俺様は二の次!
水中用MSがいけないってわけじゃねぇ、
グラブロ様なんか、水中戦の権威として拝まれてるし。
アガーイたんの陸戦談義にドムやグフ共はメロメロさぁ…。
ケッ!水中用MSが陸戦の話だなんて、外道のやることですよ!
どうせ俺様は水中バカですよ…ゾックと一緒に機雷掃除でも
やってますよ…誰も顧みなくても海の底でがんばりますよ…
畜生…!
畜生…!
 
だけどなぁ…。
こんなオイラだけど、
いつか、ブラウブロたんと一緒に宇宙を駆けてみてぇよなぁ…。
水中馬鹿のオイラじゃ、ブラウたんは口きいてくれないよなぁ…。
第一、宇宙じゃ空気が薄すぎて、
オイラすぐにオーバーヒートしてしまうだろうなぁ…。