シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

 まず、『ひぐらしのなく頃に・皆殺し編』を最後まで完了。うん、良い出来だ、おじさんは心を強く動かされましたよ。七番目の作品でこういう展開にしたからこそ、尚更強く心動かされるのでしょう。脚本や演出の上手さもさることながら、七番目の作品でわざわざこうしてくるところが心憎い。2006年夏コミでいよいよ完結。今からもう待ち遠しい。
 
 この物語に隠された一要素として疑っていたものが、やっぱり本当にあった事が判明。当たった当たったと喜ぶのもつかの間、○○の考えていることにかなり驚かされる。くっ!そう来るとは!そうか、そうだったのか。うはぁ、夢がひろがりんぐ。
 
 しかし、こういう感情をこういうクオリティ・形式で提供するメディアは、オタク界隈以外にはあまり見かけない。もちろん質の違うおもしろさは、演劇に、音楽に、小説に、漫画に見出すことが出来るけど、ビジュアルノベルはビジュアルノベルでいいもんだ。心動かされる瞬間を与えてくれるものはどれもいいが、それがエロゲーだろうがアニメだろうが楽しもう。適応技術に溺れて汚れた私の心を洗濯してくれるありがたい作品に出会えた事を、喜ぼう。