シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

 自意識過剰だとか、自意識の問題だとかいった自意識に関する認識や感慨は、これから先おっさんになっていくと消えてしまうのだろうか。そして繊細な青少年に出会った時に、自意識について何も認識できないままに無粋な言葉をかけてしまうようになるのだろうか。自分自身に関する自意識の問題が改善したとて、そうなってしまうのは悲しいことだ。問題が深刻だった頃の自分の心持を、どうかいつまでも忘れませんように。