シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

 人間関係の幅を広げる余地があればあるほど、新しい人とコミュニケーションをとらなければならない確率があがればあがるほど、汎用性の高いコミュニケーションスタイルなり、コミュニケーションデバイス*1が要請されるというのも自然なことだ。任意のコミュニケーションにおいて十分な疎通と満足のいく結果を得る期待値を最大化させるには、なるべく多くの他人に理解され許容され得るスタイルやデバイスや技能をプレゼントすることが要求される。それが不得手な個人は、任意のコミュニケーションにおいて成功する期待値が下がってしまうだろう。少なくとも、最低限の水準がなければ期待値が大幅に下がってしまうのは避けられない。
 
 これが特定の個人に好かれる(一般的な男女交際も含む)とか、特定の文化集団(アニオタ、囲碁仲間、町内会とか)に好かれる為であれば、コミュニケーションスキル/スペックは汎用型よりも特化型のほうが成果をあげやすいかもしれない。だが、幅広い人間関係を構築せざるを得ない場合や、志向している場合(脱オタ中のオタクとか)、特化型の人は、汎用型のスキルやスペックを獲得しなければ特化の枠組みから逃れることができなくなってしまう。例えば、プライベートでは同人オタとして特化し、仕事ではコンピュータプログラミングに特化尽くしたコミュニケーションスキル/スペックの三十代の男性が、何かの機会で女性とコミュニケーションをとろうと思った場合、(余程特殊な個人と付き合いたいとかいった例外を除けば)特化型であるが故に上手く対応できずに終わってしまう可能性が高い。コミュニケーションの期待値はゼロに限りなく等しいことだろう。彼がもし脱オタして女の子と仲良くなろうとか考え始めた場合などは、期待値上昇のためにはコミュニケーションのスタイルやデバイスに汎用性の高さを要求される。同人オタ&コンピュータ技師として特化したやり方のままでは駄目だし、それしか出来ないなら(歯軋りしながらでも構わないので)諦めるしかないだろう。
  
 特化型のコミュニケーションスタイルをとった人というのは、それを選択した理由か、それを選択せざるを得なかった原因が背景にあったのだろうと推測される。だがその由来がどうであれ、汎用性の高い振る舞いを身に着けられなかった個人は、自分の特化したコミュニケーションの対象以外との疎通*2で摩擦や失敗を生じやすくなるという事実は変えようもなく、広汎な対象と円滑なコミュニケーションが要請される状況下では、汎用型のコミュニケーションスキル/スペックを身に着けている人に比べると情報収集力や政治力などをかき集める面で不利になる。特化の仕方次第では、配偶や転勤といったライフイベントにすら影響が及ぶかもしれない*3
 

*1:話題や趣味も含めて

*2:あるいは自分の属している文化圏以外との疎通

*3:影響はおろか、不可能になってしまうこともある。配偶はともかく、転勤や異動や転居が駄目っていうのは大きな適応上の問題になりやすかろう。