シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

 
 常連さん達と色々とプレイ談義をする。こういう時にありがたいのは、仲間の存在とコミュニケーションだ。待ち時間の退屈を紛らわせたり、情報交換したり、ありがたい限り。今日は遠方からも何人か知らない方が来たけど、その人達とも色々と情報交換することが出来た。いやホントありがたい。一人でやるより仲間が多いほうが楽しいもんね。
 
 …でも、コミュニケーションが全然とれない人が混じってきていたら、大変だろうなと思う。あと、順番ついてる空気とか読めずに連続プレイしてしまう人*1とか。確かにシューティングゲームは、本来一人でも十分に楽しむことが出来る。そうはいってもコミュニケーションの能力はやっぱりあったほうが色々いいことがあるんだろうし、コミュニケーションとか協調とか空気嫁が極端に欠如するとまずそうだ。特にアーケードゲーム界隈という、他人が存在する世界ではそういうのが出来てない人が混じると場が荒れるんじゃないかと思う。
 
 幸い、いつも通っているゲーセンではそういう出来事が少ないし、今日も(待ち時間は長かったけど)紳士的な進行だったわけだけど、そうじゃない店も多いことだろう。コミュニケーションスキル/スペックの問題を重視しすぎるのはまずいが、オタク界隈でさえ幾らかは要求されるという事実を、今日も思い知らされたのでした。

*1:コンテニューは、まあ、いいとは思う