シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

 
 周回遅れでTYPEMOONのFateをやっています。普通に萌えます。若い時分に出会えば、それなりに萌え転がったことでしょう。展開がトロトロしてて苛立つことはあるものの、丁寧に創ってあるなーと感心しきり。一方で、もしもここまで丁寧に創ってなかったらオタク達を満足させられないんだとしたら、そろそろ限界なんじゃないかなぁとも。そこんとこ、どうなんでしょう?
 
 それにしても、斜に構えた見方が好きな人にも興味のある素材だろうなぁ、というか絶対きのこさんそこら辺も知ってて創ってるんだろうなぁという予感(ただ、だとしたら少々あざとすぎるかな)。どっかでインタビューか何かに変なことが書いてあるのかな。処女、剣士、男性の代わりに基本は女性が闘う、でも男性の助けが無いとごにょごにょ、見えない武器...うはぁ夢がひろがりんぐ。そういう楽しみ方が好きな人にとっても、弄び甲斐のあるオモチャなんだろか。
 
 さしあたり、萌えればいいんですよ、萌えれば。照れないで萌え転がる喜びに打ち震えております。昔ほど萌えないのは歳のせいだろうし。良い萌えゲーは、よく萌えるゲームだよね、ね。