シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

 小さな沼の水面に、石ころを投げつける。
 ボチャン!
 水面には、波紋が広がる。
 広がる波紋は、折からの向かい風で発生する波と干渉しているようで
 干渉していないようで、ただ表面的には、相殺したり増幅したりしている
 ように見える。
 
 水面のアメンボが、波紋に揺れている。
 船着き場の杭にぶつかって、波紋が反射して戻ってくる。
 誰かが向こう岸で投げ込んだ石の波紋が流れてきた。
 そうした様々の要素の影響を受けながら、
 石ころを投げこんで生まれた波紋は、次第にわけがわからなくなり、
 そして沼の水面に呑み込まれていく。