読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

蜘蛛の糸とマリオネット

手足に纏わりついた糸を自覚しない限りにおいては、マリオネットでさえも自分は自由だと思い込むことが出来る。

足ることを知る

理論上、足ることを知らない人は渇望に追いつかれることが不可避である。 渇望を避けたい人は、どうあれ足ることを知らなければならない。

望まれぬ反応

「一人として聞いていないカラオケの歌を歌い終わった時の、まばらな拍手のような」

賭博

偶然すなわち神とたたかう者は常に神秘的威厳に満ちている。賭博者もまたこの例に漏れない。 芥川龍之介[侏儒の言葉]

十善戒

弟子某甲 尽未来際 不殺生 不偸盗 不邪淫 不妄語 不綺語 不悪口 不両舌 不慳貪 不瞋恚 不邪見 『十善戒』

こんな要約は避けたい

杉の木を切り倒し、枝を全部落として丸太をこしらえたうえで、「これが杉というものだ。どうだ、シンプルでわかりやすいだろう」と提示するような要約。せめて、「この丸太は切り倒して枝を落として加工してありますのでご注意ください」という但し書きでも…

2%ぐらいは考える

パスカルは人間を「考える葦」に喩えた。 ところで、人間の遺伝子の98%程度はチンパンジーのそれと同じだという。だとすれば、パスカルをして「考える葦」と呼ばしめた諸々は、その2%かそこらに由来するということだろうか。そういえば、人間とウニの遺伝…

最も腐肉漁りの巧みなハイエナ

腐肉漁りが巧く、そのことを自分の生き筋と任じているハイエナに、「お前は腐肉ばかり漁っている」という非難や侮蔑を投げかけるとしたら、それはどれほどの意味と有効性を持ち得るのだろうか。

脊髄反射こそが人間の常態

少なからぬ「よく考える人達」は、考えないで脊髄反射する人のことをおかしいと言って異常視したがる。しかしそれは想像力の足りない、ずれた意見と言わざるを得ない。考えないで脊髄反射することこそが人間の常態だ。人間はあまり考えない。滅多に考えない…

発情は盲目。

恋心は盲目。相手のことしか見えなくなる。 発情は盲目。相手のことすら見えなくなる。

分からないことや知らないことをなくすための勉強と、分からないことや知らないことを見つけるための勉強。

彼らとしては、まず本懐なのだろう。

読み切れないほどの書物を天まで届かん高さに積み上げ、己の周りに本のバリケードをつくることに無我夢中――そういう読書の仕方もあるようだ。バリケードは彼らを娑婆の風から守ると同時に、彼らの視野と運動を大きく遮るわけだが、彼らとしてはまず本懐なの…

他人に“下”を見出したときに

プライベートのレベルにおいて、何か自分より“下”の要素を他人に見出したとき――学歴でも身長でも何でも良いが――、その要素を根拠に相手をナメるかナメないかを判断するというのは、優越感の獲得や不安の防衛といった精神衛生上の利得以外には大したメリット…

顔よりも精神に鉛の白粉をぬりたくった彼女達は、身体より先に精神が腐り落ちてゆくのだろう。生きるために致し方のなかった事とはいえ、あわれである。

時として痴は力なり。

凡人の世界観

「私の知っている世界」では、偉人には決して遭遇しない。 出会う人はすべからく凡人である。 私が凡人の物差ししか持っていない限りにおいては。

愚かで智慧のない人は自己に対して仇敵のごとくにふるまう。 [釈尊のことば]

娑婆の最大公約数と最小公倍数

私にとっての“娑婆の最大公約数”は、私の知るところの仏教である。 私にとっての“娑婆の最小公倍数”は、私の学ぶところの学問である。 比喩として。

考えないから、また愚痴る。

迷惑になるような馬鹿は…

分際も限界も弁えない者が「迷惑になるような馬鹿」とは限らないが、 「迷惑になるような馬鹿」は常に分際も限界も弁えない。

今どうであるかと、今どうあるべきか

今どうであるかをはっきりさせる事と、今どうであるべきかはっきりさせる事は、別個の命題である。勿論、後者は前者を考慮しつつ組み上げなければならないにしても、前者と後者が等号で結ばれることはむしろ稀である。 しかし世の中の自称議論屋のなかには、…

有頂天

有頂天。 (仏教用語より) 参考:東本願寺 参考:有頂天:浄土宗 幸せの絶頂にある人や位人臣を極めた人に対して、“万物は流転する”という絶対法則と併せて考えた時、彼らの将来の没落は必然と判断される。もし、真に絶頂にあるとするなら、「絶頂」の定義上…

ゲーム勝者に関する再確認

あるゲームにおいて勝者となる者は、一般に、その瞬間に一番熱心だったか否かや、一番真面目だったか否かによって決定づけられない。 もちろん、ゲームにおける勝者はトータルとしての強弱によって決定づけられるわけだが、人はしばしばこの事実を隠蔽して疾…

悩むことや苦しむことが美徳だと思っている人や、悩みや苦しみから優越感なり虚栄心なりといった甘い蜜を吸っている人に、どうか災いがありますように。

人間性、なるものについて知りたいと思う人は

人間性、なるものについて知りたいと思う人は、例外的な偉人達の列伝を読む前に目を逸らさずに知っておいたほうが良いことがあると思います。例えば、『あるある大辞典』に出た食べ物を二週間だけ買い漁る人達の群れとか、代々木アニメーション学院にすがり…

本能を失った人間はそう滅多にいるものではないが

本能を失った人間はそう滅多にいるものではないが、 理性を失った人間ならば幾らでも存在する。 追記: しかし本能を失ったと主張する人間ならば幾らでもいる。 本能を満たす手段が無い事を歯軋りする代わりに、彼らは「私は本能から解放された」「本能など…

他人が羨むような苦労を買って来い

他人が羨むような「苦労」を買って来い。 脂の乗った隠れた上物の「苦労」を、目利きをきかせて競り落として来い。

人生に無駄な時間は存在しないが、より非効率な時間は存在する

人生に無駄な時間というのは一切存在しない。 しかし、時間効率金銭効率というものは存在する。 効率の悪いニッチ、効率の良いニッチ。 効率の悪い経験、効率の良い経験。

衆生本来仏なり 水と氷の如くにて 水を離れて氷なく 衆生の外に仏なし 白隠禅師のことば(臨済宗中興の祖)

「あなたの道徳観も正義観も、現実検討を放棄する為の言い訳にしかみえないんですが。」

精神性など午睡の夢

「心は再び箱のなか、薄桃色の肉の檻、心はまたまた肉の奴隷、 精神性など午睡の夢だ。どちらを向いても肉肉肉肉、 四方八方肉肉肉肉、肉肉肉肉、二×九=十八、えっ! 鉄っちゃん、来年でもう十八かい?大きくなったなぁ、 おとうちゃんにヨロシクな、じゃ、…

剣の前に無力

ペンは剣よりも強い。 しかし、個人としての僕はペンよりも剣に弱い。 おそらくあなたも同様だろう。 いかにペンの産物そのものが剣より強かろうとも、ペンを手に持つ殆どの個人は剣の前にきわめて脆弱だ。

「あなたは淫乱ですか?」というソナー

強迫的な禁欲の表明こそが、しばしば淫蕩の最も雄弁な証明になる。 人間は投影・抑圧・反動形成その他色々の防衛機制を機能させることで、淫蕩に対して幾らでも施錠を施すことが出来るし、施錠が厳重であればあるほど、意識下から淫蕩を遠ざける*1ことが出来…

Agnus Dei,qui tollis peccata mundi: miserere nobis. Agnus Dei,qui tollis peccata mundi: miserere nobis. Agnus Dei,qui tollis peccata mundi: dona nobis pacem. AGNUS DEI.(グレゴリオ聖歌より)

我昔所造諸悪業 皆由無始貪瞋癡 従身語意之所生 一切我今皆懺悔 御仏前の懺悔文より

振り返ればやまいだれ

“癖”という漢字には、やまいだれがついている。

文系の対義語

「理系」の対義語を「文系」、とすることにはそれほどの違和感は覚えないが、「文系」の対義語を「理系」とすることには、幾らかの違和感を覚える。 しかし、「文系」の対義語に「体育会系」を持ってくる分には、違和感は殆ど感じない。「文系」の対義語は「…

意識していないことについては、何もわかりません。 コフートのことば(心理学者)

考古学者よろしく遺跡の発掘(転移の分析)をすすめる治療者は、ともすれば自分のつけたReebokの靴跡や、落とし忘れたままのセイコーの腕時計(逆転移に限らず、治療者側の主観が治療過程に与える影響)を、貴重なる古代の遺跡(転移現象)として報告しかねません。…

似非性善説

性善説を展開している人々のうちに、『自分自身に内在するろくでもない人間像や暴力性に対する不安を防衛せざるを得ないなどという』個人的事情を抱えている人が少なくないことに留意せよ。彼らの性善説の由来が、かなり性悪であることに諦念せよ。

怠惰に勝る敵は無し。

愚かさを侮ってはならない

「人間の賢さを侮ってはならない」といった警句はあちこちで耳にするが、 「人間の愚かさを侮ってはならない」という警句を耳にすることはあまり無い。 世の中には、自分や他人に存する賢さを過小評価して失敗した者も多いが、自分や他人に存する愚かさを過…

なぶればうさぎも食いつく 日本の諺より

他者の存在確認

意見の相違を手探りで確認することで、ようやく目の前に自分とは相容れない何者かに気付く盲人の群れ――それが人間なんだとしたら? 意見の相違に気付かない者や、意見の相違を認めない者は、自分以外の人間を知ることが無い、ということになる。彼の真っ暗な…

業の深さの分散

女性は、業の深さも生殖上の成否も分散が小さい。 男性は、業の深さも生殖上の成否も分散が大きい。

おさえておきたい基本

「君があの獲物を啄まないのは、君がカラスじゃないからじゃなくて、ただ単に弱いからじゃないのかな。」 「君があのネズミを食い尽くさないのは、君が無欲だからじゃなくて、ただ単にそのほうが得だからじゃないのかな。」 こうした基本をさっさと迂回し、…

幸福は定義次第では痴者の妄想

時々、幸福を「喜怒哀楽の喜楽だけの状態」と定義づけて、それを追い求めている阿呆がいる。彼らが「喜楽が続くことが幸福」という明確に誤った固定観念を捨てない限り、永遠に地獄でのたうち回ることは避けられない。

2chの風景から

243 :名無しさん@6周年:2006/06/28(水) 19:11:38 id:YP4yAtbl0 男は若いときほどガツガツする 女は年をとるたびガツガツする

ありがたや エロゲの箱の物陰に アスカは今だ おはしますなる (元ネタは、高野山の御詠歌だったり)

情動と論理的思考の狭間に

多年草の「搾取」がしっかりと根を下ろすのは、何と言っても情動反応と論理的思考の狭間または隙間だろう。ここに根を下ろした「搾取」は、バランス感覚に乏しい人々からどんどん養分を吸い上げる。そして真っ赤な毒々しい花を、おおっぴらに、誇らしげに咲…