シロクマの屑籠

はてなダイアリーから引っ越してきた、はてな村の精神科医のブログです。

男女

子どもが経済力向上の直接手段になるなら、貧乏でも子沢山になるだろうが。

家庭のサービス化と残される課題 - socioarc http://blog.goo.ne.jp/funamushi2/e/11536be67be86b7fb434472b4565f18e 男性が結婚しにくいケース - pal-9999の日記 上記リンク先のテキストを眺めた私は、「恋愛を結婚の試金石とする現代の配偶制度と、厳しく…

女の子には何でも願望する癖に、女の子の気持ちを忖度出来ない男達へ

自分の気持ちやニーズを全部満たせ・全部よこせと言いつつ、対象の気持ちやニーズをろくに汲み取ろうとしない立場は、男女交際においてであれ、友人付き合いにおいてであれ、対象個人にとって許容出来る態度ではあり得ない。この至極単純なことを、日常のあ…

絶対に恋愛成就したい人に“恋愛常備軍”の勧め

男女交際の始まりにおいて、あなたのことを対象異性側がろくに知らない・ろくに知りようもない状態のままでは非常に厳しいということを好かれる女子の心情も考えてあげてくださいよ - シロクマの屑籠では書いた。疎遠な男性が急に態度を豹変させてアプローチ…

好かれる女子の心情も考えてあげてくださいよ

2007-04-11 - 力士の小躍り ある日、職場やクラスメートの女子に惚れていると気づいたとしても、その日から好きになった相手一人にいきなりアプローチして上手くいく筈がないのはid:takisawaさんの仰る通りだと思う。疎遠な仲の女子に対して、ある日を境に掌…

お互いを見下し合うカップル

一般に、男女交際の関係が構築されていくということはめでたいことと言われている。また、男女交際を善いものと捉える風潮の故に、男女交際をやらないよりはやったほうが好ましいとも思われている。だが巷を見渡せば、見るも無惨なカップルが溢れている。今…

現代の通過儀礼としての「女性経験・男女交際」

かつて、日本男子には元服という儀式があった。元服という儀式がなくなった後、徴兵制や成人式が一定の役割を担っていた時代もある。通過儀礼を経験することを通して、男子は一丁前の男としての認知を自他両方の側から獲得する、というカラクリだろうか。 も…

みんな観音様

僕にニッコリ微笑みかけてくれる女性は、みんな観音様です。

「あの男性には、わたしの後輩を紹介したくない。」

二児の母でもある薬剤師のXさんとは、かれこれ十年来の付き合いになるだろうか。今回、彼女の職場にいる或る未婚男性についての話になった折、色々と考えさせられる話題が出たので書き留めておく。 念のため断っておくと、彼女は非モテだの喪男だのといった…

これから式場の下見に行ってきますが

http://icanthelphatingsex.g.hatena.ne.jp/noon75/20061120/p4 全四回にもわたって丁寧なお返事を頂き、恐縮しています。ありがとうございました。 幸せというものがフィクションである、というご見解は僕にも納得のいくものでした。幸せの定義は人によって…

まず僕は、“Y染色体の宿業”ついてもっと知りたい

http://icanthelphatingsex.g.hatena.ne.jp/noon75/20061002/p1 リンク先の文章を、僕は男性のセックスに関する確からしい記述だと思いました。殆ど同意せざるを得ません。もちろん、シロクマの脳味噌が生み出す“防衛機制”がさっきから「違う!男の生きる意…

ガタガタ言わずに強くなるか「僕は全部駄目です」と諦めるかすれば?

200X年の、恋愛相談を思い出して。 「僕じゃ、彼女に迷惑をかけるから」 だったら迷惑にならない、有益な男になればいいじゃないか。 「僕じゃ、彼女を守ってあげられないから」 守りきれるような男になってしまえばいい。 「僕じゃ、彼女と釣り合わないから…

「萌え」の内側には性的なニュアンスが隠れている。(それも、ぱんぱんに、堪え難いほどに)

http://d.hatena.ne.jp/t_yossy/20060926/1159242905 ここはひとつ、脊髄反射してみよう。 私はそうは思わない。「萌え」には性的なニュアンスは含まれている。それも、溢れんばかりに、存分に含まれている。とても直視できない自分自身の性的ニュアンスを、…

拝啓、偉大なセックスブロガーさま

http://icanthelphatingsex.g.hatena.ne.jp/noon75/20060907/p4 そんなところに幸せはないよ。あきらめろ。 幸せという名の、夢をみるには甘すぎて現実を支えるにはぬるすぎる概念を問答に用いている以上、この一文も所詮万華鏡に違いないのだけれど、それで…

オタク趣味を捨てずに結婚する方法の模索

http://guideline.livedoor.biz/archives/50671854.html 結婚しようとしているオタク趣味愛好家の人にとって、これは大きな課題と言わざるを得ない。結婚したはいいけれど、嫁さんに合わせてエロゲーもフィギュアも全部捨てて無趣味になってしまった、となれ…

2chの風景から

243 :名無しさん@6周年:2006/06/28(水) 19:11:38 id:YP4yAtbl0 男は若いときほどガツガツする 女は年をとるたびガツガツする

プロポーズの言葉としてせいぜいこれぐらいが穏当か

「僕はあなたの事があまり分からないし、あなたも僕の事をあまり理解していないけれど、それでもなんとかかんとか苦労を背負い込んで諦め悪く共同生活してみよう、とは決めました。」

数年前の自分との対話、または、そこらの二十代オタ達の約90%との対話

あなたの言う絆とは、私が考えるところの、交易です。 あなたの言う恋とは、私が考えるところの、発情です。 あなたの言う愛とは、私が考えるところの、所有です。

性欲を執拗に防衛する人達に、頷きを返しつつも

「私は女性との交際を諦めました」「セックスなんてくそくらえ」「二次元美少女のほうがずっと上」「女達はクソ」などと執拗に表明することによって、かえって彼らは、自分達がいかに女性とセックスと肉欲に執着しているのかを自ら暴いている。あ、しまった…

それ、なんてエロゲー?(しかし脱オタを志すエロゲーオタは深刻に受け止めなければならない)

「貴女が僕を愛している?」 「冗談じゃない」 「貴女は、僕の持っている色んな資源を欲しがっているだけじゃないか!」 「僕の、潜在的資本力を、僕の、潜在的健康性を、僕の、社会適応能力を、」 「それらは僕の服であって、僕の道具であって、僕の方便で…

或る好青年に関する、偏愛的前向き検討

私はid:kiya2014さんという好青年の言動に以前から興味を抱いており、ネットストーキングを続けている。ところが最近、彼の様子がちょっとおかしい。良い意味でおかしい。今回は、その事を確認する為に、「シロクマの屑籠」の2006年1月26日を抜粋してみよう。…

「議論してる暇があったら佳い女に惚けてりゃいいのに」と思ってしまう。

セックス。女らしさ。エロ。執着。欲望。 ごく単純に、それらを私は女性に期待し、さかりのついた猫のように追い求める。 煽情的なスカート・くびれたウエスト・シャンプーの匂い・ちょっと突き出た顎…これら、セクシャリティとジェンダーがごった煮になって…

コンビニ恋愛ばかり出回って、結婚は減るばっかり

http://simple-u.jp/pdone.php?id=648 あーあ、『Simple』のYasさんは相変わらず身も蓋もない事をきっちりと。しかも引用元が中小企業白書ですか。 予測では、今の20〜24歳までの若者が35〜39歳になった時、結婚し子どもを持っている人の割合は49.6%である。…

確実に駄目な子が育つ方法の考察

一人一人の子どもはそれぞれ固有の遺伝的傾向を持ちつつも、周囲環境との相互作用のなかで独自の成長を遂げていく。ホモ・サピエンスの子どもは環境に合わせて成長していけるだけの学習汎用性を持っており、余程極端な環境でない限り、何とか環境に合わせた…

見知らぬ男や嫌いな男の欲情を、女性は嫌悪する必要があったのでは?

リスクを回避し、利益を最大化させるために - シロクマの屑籠 このテキストとid:Masao_hateさんの文章を読み返してふと思った。現在はともかく、狩猟採集社会における女性達は、「見知らぬ男や嫌いな男からの欲情視線」を嫌悪する必要があったのではないか?…

リスクを回避し、利益を最大化させるために

男性は低コストな精子を造り、女性は精子よりもハイコストな卵子を造る。ハイコストな卵子を持った雌を巡って雄達は競争し、雌は雌で雄を選り好む。*1この違いがなければ、性淘汰にまつわる複雑怪奇な物語は生まれて来なかっただろうし、生物の行動はもっと…

出来るだけ佳い女のスカートに、繰り返し顔を突っ込もうとする俺

スカートの中を覗くためなら、媚びて媚びて媚びまくってやる - シロクマの屑籠に対して、突込みが入った! え? なんで? お店にいって、お金払えばいいじゃない? クジャクみたいになる必要も、雄鹿のようになる必要もないよ。不思議だなぁ。でも、もし、そ…

スカートの中を覗くためなら、媚びて媚びて媚びまくってやる

「僕は、女性のスカートの中を覗く為に這いつくばってみせるなんて我慢ならない」 「俺は、女性のスカートの中を覗くためにこそ、這いつくばってみせる」 「僕は、セックスの為に女性に媚びるなんてまっぴら御免だ」 「俺は、セックスの為にこそ、羞恥心を捨…

脳内フォルダが四つしか無い女の子

男性との距離感が掴めないとお悩みのMさんは、24歳のリスみたいな女性。彼女は大変かわいらしく、魅力的な女性にも関わらず、男性との付き合いはいつになっても不得手なままで、長く男性と付き合えた経験が無い。もちろん、彼女は“とっかえひっかえ”というわ…

フェミニズムならぬメーニズムは、誰によって遂行されるの?

かつて男達は、男達中心の文化によって守られ、暴力と恐喝という非常手段を身につけ、部族間闘争や縄張り争いなどを通して練磨されていた。 しかし今は、男達中心の文化はフェミニズムという哲学(というよりは運動として捉えるべきか、ここでは)によって女性…

“社会派”非モテの皆さんにお勧めの“ちゆ12歳”記事

「少女コミック」のエロ描写まとめ(2004年~2005年) - ちゆ12歳 再読してもやはり興味深い。唯我独尊の少女向けエロ漫画路線を行く、“少女コミック”。目をひくどぎつい言葉。以下の文句は、何と刺激的なんだろうか。 「レンアイ至上主義2本立て!!」 「…

「あなたは何も分かっていない」で男を狼狽させた時点で、その女性は、コミュニケーションに“勝利”している

次はこちら。 女の言う「あなたは何も分かっていない」の正体: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる 女性が「あなたは何も分かっていない」と男性に迫ってきた時、you vs meではなく、problem vs us(you and me)に切り替える方法を説いてい…

DQNや自信過剰男性を選ぶ女性もまた、男性側の諸シグナルに反応している

最後はこちら。 はてな 私はリンク先のテキストの見解を、否定せざるを得ない。DQNに身体を許す女性達をもって、「彼女達は男を選んでいない」と考えるのは、今少し軽率ではないだろうか。男性を評価する尺度なり基準なりが女性達に無いとすれば、もうちょっ…

萌えオタ達は女の子の都合や利害に関心が無い。だからこそ萌えメディアの「恋愛」は常に一方向的でしかない。

オタクはしばしば、空気が読めない者として語られることが多いし、実際そういうオタクは結構いたりするのだが、これってやっぱり第三世代以降のオタク達に(マクロレベルでは観察できる)広く薄い傾向なんじゃないかと私は感じている。彼らのなかには他人の利…

fromdusktildawnさんの2026年試験管内の、精子と卵子の繁殖行動と淘汰

注意:このテキストで書いた知的機能・情報処理能力って言葉はかなり曖昧で僕も困っています。具体的には、論理的思考力・非言語コミュニケーション能力・語学力・多大な情報負荷に耐えられる中枢神経のタフネスなどが含まれるでしょうか。 今も昔も女性達は…

音楽やファッションを共通させる、という戦略

追記。だからこそ、女漁りをしたい男が女性の好きそうな音楽・ファッション・文学に通じておくのは効果的なアプローチと言える。もちろんそれは狡猾な戦略に違いなく、文化を楽しむというよりは文化を利用するという立場に違いないだろうけれど…適応的で効果…

まともな女性は、男性仲間からの軽蔑に晒されている男性を決して愛することはない。ただし宝石の原石のような男性はこの限りではなく、聡明な女性によって磨き上げられることは、ある。

女性へのpresent

物質的なものであれ、コミュニケーション的なものであれ。 論理的なものであれ、情緒的なものであれ。 とにかく女性は自分自身に対してたくさんなものをプレゼントしてくれる男性を、そうでない男性よりも好む傾向がある。あるいは自分自身のために様々のも…

「女の子には、丸見えなんだろうな、そういうの。」

また、「相手の女の子を喜ばせたり楽しませたりしよう」「女の子が嫌な思いをする確率を少しでも減らしてあげよう」「女の子が望むなら、自ら身を引くことも考えよう」「たとえ悲しくても辛くても、その子に何が出来るのかな」という視点が欠落して「ただ女…

【彼らは献身と相互理解を口にする】

【彼らは献身と相互理解を口にする】 「女の子に優しく、何でも話し合える仲になって、裏切るようなことはしません!」 これが女性にとって本当に利益だけをもたらすものだと思っている人、これが本当に献身だけだと思っている人は、このような発想の中に(オ…

【彼らは純愛を口にする】

【彼らは純愛を口にする】 「僕は不特定多数の異性と付き合うなんて汚いことだと思うし、純粋で穢れのない異性と、純粋で真面目なお付き合いをしたいと思っています。」 これがどれほど門戸を閉ざした狭いものなのか、そして彼らの侮蔑するところの一般的な…

統計的優位性の確立と男女交際について

特定の異性を射止める難しさと、異性誰もから嫌われる確率を減らす(or好かれる確率を増加させる)難しさは、量的のみならず質的にもかなり異なっている。前者はあまりに個別的で一般論に照らして語るのが難しい。だが後者は統計的に最も期待値の高そうな選択…

男女交際総力戦

男女交際を総力戦に喩えると、 コミュニケーションスキルは情報収集力や戦術レベルの優劣に、 動員できる時間や資金は経済力や工業力に、 勇気は国民士気や部隊士気に喩えることが出来る。 いずれが欠けていても、戦いはおぼつかない。 また、いつでも「戦時…

要は、男女情報戦におけるパッシブスキルということですよ、ファッションは。

ファッション、目線、万人を喜ばせそうな諸要素といった汎用性の高いコミュニケーションスキル/スペックは、それらだけでは特定の女性を射抜く金の矢とはなり得ない。だが、あらゆる女性に対する命中確率に何パーセントかのボーナス修正をもたらしてくれる…

歓楽街に吸い込まれていった知的障害者の親子

ちょっと昔、昼間の新宿で知的障害の男性を連れた年老いた母親が歩いているのを見かけたことがあった。場所が歓楽街だったからだろうか、母親からは落ち着きの無いオーラが発散されていて、地元の人間じゃないことは一目瞭然だった。男性のほうは弛緩した笑…

メディアでみかける恋愛

テレビや雑誌で見かける「恋愛」の殆どは、発情または商取引以上のものを見いだせない諸々に彩られている。たまにそれに気付かない人もいるけれど、若いうちはそんなものなのかもしれない。

「モテる薬」と「意中の異性を射止めやすくなる薬」

誰だか分からない全世界の全異性に好かれる能力を30%程度底上げする薬と、目の前の自分がぞっこんの異性に好かれる確率を80%ぐらいに上げる薬。本当に恋に狂っている時は、迷わず後者の薬を選ぶ筈だ。それが、「イカれる」ってもんだと思う。 モテなんてくそ…

キューピッドのマシンガン

異性を物理的心理的に遠ざけることによって、葛藤の外的問題に対応するのは悪くないアイデアだ。「蛮族の侵入」を防ぐ為に固くて難解な防壁を築く能力のある者は、そういった対処法を採用するのが適当と言える。 だからこそ、そこまで防壁が築ける人達が本当…